読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緑と楯 ハイスクール・デイズ

緑と楯 ハイスクール・デイズ

緑と楯 ハイスクール・デイズ

作家
雪舟えま
紀伊カンナ
出版社
集英社
発売日
2018-12-14
ISBN
9784087711660
amazonで購入する Kindle版を購入する

緑と楯 ハイスクール・デイズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

禍腐渦狂紳士タッキー(身喰らう蛇)

【なんでもする、どんなふうにも変わる、というか変えてくれ。荻原に愛されるおれに変わりたい(緑)】緑×楯♡卒業まで関わりたくないと思っていた楯に狂おしいほどの恋をしてしまった緑。緑視点で、家族との問題に苦悩しつつ、日に日に増していく楯への想いがもはや少女漫画のような乙女思考、楯一色に世界が彩られ、手を繋いだり、名前を呼んだり、キスをしたりと全てが優しく、愛しく、切ない恋の鼓動を奏でています。緑の気持ちを知りつつ、楯の焦らすような部分にヤキモキする時もありますが、緑の心を唯一救う存在との出会いが尊かった♡

2018/12/16

コットン

pochiさんからご紹介頂いた雪舟えまさんは初読みの作家さん。 愛がある爽やか系の軽いBlでサクッと読めるのが良い。

2020/01/26

信兵衛

2人のキャラクターが対照的であるという他、それぞれの家庭状況も対照的。ただし、陰湿にならず、どこかさらっとした印象があるのは、舞台が近未来に設定されているからでしょうか。

2019/01/26

mayu

表紙借りでして、初めて読む作家さんです。すでに他にも彼らの話があるようです。BLなんですが、ふわふわしたカンジで、ただただ、緑が楯に恋してる。人気者の楯に毎日会いたくて、特別になりたくて、独り占めしたい。緑の家庭は壊れてて両親も緑に関心がなく、誰かに愛してもらいたいって思いがすごくて、ちょっと可愛そうにも思える。大学で離れちゃう二人がどうなるのかが、ちょっとだけ気になります。次に会う約束の日が「ハチミツだから」って8月3日。次に会える日まで131日。緑はその日を励みに生きる。かわいいな。

2019/02/11

アズマ

想像とだいぶ違う話でした。BLだとは思ってなかったです。でも二人の関係性の明るさや感情表現の直球さが面白かったです。ただひらがなが多いのが最初気になりました。

2019/05/31

感想・レビューをもっと見る