読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

あなたの愛人の名前は (単行本)

あなたの愛人の名前は (単行本)

あなたの愛人の名前は (単行本)

作家
島本理生
出版社
集英社
発売日
2018-12-14
ISBN
9784087711714
amazonで購入する

「あなたの愛人の名前は (単行本)」のおすすめレビュー

「旦那以外の人に抱かれたい」愛でも恋でもない6つの大人の恋

『あなたの愛人の名前は』(島本理生/集英社)

 私たちは同じ部屋で同じ時を刻んでいる相手の“絶望”を、どれだけ知っているのだろう。2018年に直木賞を受賞した島本理生氏の『あなたの愛人の名前は』(集英社)は、そんな疑問を抱かせてくれる、大人の恋愛小説だ。

旦那さん以外に抱かれたいと思ったことはないの?と訊かれた。

 こんな衝撃的な言葉で幕を開ける全6編の作品は官能的かと思いきや、切なさが突き刺さる仕上がりだ。

 本作には、婚約者や旦那がいるのに他の男性に惹かれる女性や彼氏持ちの女性との関係を断ち切れない男性などが登場する。彼らの行為は許されるものではないかもしれないが、その心中には思わず共感させられてしまう。

 人はそんなに強くはないからこそ、日常の中でどうしようもないほどの絶望に襲われた時、温かい“誰か”を求めてしまうこともあるように思う。

毎晩、食卓を挟んで親友のように会話する私たち

私だけが「優しくて家庭的でおっとりしている自分」のことが分からない

間違ってはいないという多数決だけで日々を送り続ける

 作中で登場人物たちが抱くこれらの感情は決して他人事…

2018/12/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

あなたの愛人の名前は (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

島本 理生は、新作をコンスタントに読んでいる作家です. 直木賞受賞後第一作の(不倫)恋愛連作短編集でした。オススメは『足跡』です。不変の永久の愛なんて存在しないと思います。必ずしも不倫を肯定しているわけではありませんが・・・

2019/01/09

いつでも母さん

これまたそそられるタイトルを持ってきましたね~『愛人』異性であって、必ずしもそれが女性とは限らない。なので『あなたは知らない』その対の『俺だけが知らない』は小気味よかった。瞳と耕史があのままゴールインするとは思えなかったが、男同士の対面はドラマの場面のようだった。別れの短歌は最低だけれど思い切れる。赤い糸など信じないが男女の仲は一つとして同じでは無く、どこで糸が手繰られるか手繰るのか・・恋愛の不思議でもある。短編6作どれも面白く読んだ。タイトル作とリンクしてる『氷の夜に』も好みだった。

2019/01/10

❁かな❁

やっぱり島本理生さん大好き。繊細で美しい文章で男女の揺れ動く気持ちを紡がれる。島本さんの作品を読むのは11作目。「あなたは知らない」と「俺だけが知らない」は男女それぞれの視点で描かれ対になっているのがいい。満月の夜に「月が綺麗」と届くメールに胸が熱くなる。登場人物の緩やかなリンクも好き。「足跡」のAV的になりそうな後ろめたいことも島本さんの静謐な文章は生々しくなく綺麗。「氷の夜に」の2人が表題作にも出てきてその後がわかるのも素敵。ほのかな予感を感じさせるラストもいい。大好き。繊細に描かれる大人の恋愛小説。

2019/03/16

Yoko Omoto

暮らしを共にするほどのパートナーがいても尚、他の男性に身を委ねたい衝動に駆られるのはきっと理屈じゃない。積もった些細な不満や違和感は時に女を刹那に傾かせ、他人から見れば不誠実で不道徳の謗りを受けるような行為が、心に足りないものを満たしてくれることもある。大人の関係で括られる男女のグレーゾーンを、これだけ繊細に清潔感を携えて描けるのは島本さんならでは。恋なのか情なのか一時の高揚感なのか、曖昧であるが故に心の一線を越えられない男女間のもどかしい心情描写が、終始私の心を波立たせていた。彼女の文章に強く惹かれる。

2019/03/04

おしゃべりメガネ

『直木賞』受賞第1作の本作ですが、島本さんは更に円熟度が確実にパワーアップしています。タイトルからして、らしいといえばらしいのですが、中身はどんよりし過ぎるコトなく、むしろ作品によってはとても晴れやかになれるステキな連作集です。6作収められていて3番目からの流れが非常に素晴らしかったです。特に最後の2作品は誰もが島本さんワールドの虜になること間違いなしな話でした。'恋愛'という永遠のテーマをこんなにも瑞々しく、しかもオトナな雰囲気もしっかり出しながら書き綴る島本さんの作品はやっぱり今後も目が離せません。

2019/01/06

感想・レビューをもっと見る