読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

至誠の残滓

至誠の残滓

至誠の残滓

作家
矢野隆
出版社
集英社
発売日
2019-08-26
ISBN
9784087711912
amazonで購入する Kindle版を購入する

至誠の残滓 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あも

至誠の残滓というタイトルが本書の内容を余すところなく表しきっている。新撰組の掲げた誠の旗。刀折れ矢尽き果て、バラバラになり近藤も土方も死した明治の世。史実でも生存していた斉藤一は東京の外れの古道具屋を訪ねる。そこにいたのは死んだはずの元十番隊組長・原田左之助と監察方・山崎蒸。磊落な原田、ニヒルな斉藤、くせ者な山崎と、イメージを損なわない人物描写に安心して読める。時代からこぼれ落ちた残滓。絞りかすの意地。折れた槍を、朽ちた刀を、振るう彼らの手と魂にぶれはない。誠を踏みにじる者どもに牙を剥け、吠えろ、新撰組。

2019/12/01

さつき

原田左之助、山崎烝が明治の世に生き残り、斎藤一と共に暗躍する、というまさか!の物語。三人の新しい世での立ち位置はそれぞれでも心の支えは新撰組での日々であったことは変わらず。左之助の真っ直ぐな気性。烝の優しさ。一の見えにくい心など、三人の性格の違いにより巻き起こる騒動は良く考えられているなぁと思います。もしもの世界を楽しみました。

2020/06/14

ポチ

生きていた山崎烝、原田左之助、そして斎藤一が、最後は己の誠を貫く姿に、「斎藤!山崎!やったれ!!」「左之助、負けんなよ!!」心で叫んでいました。

2019/09/10

Die-Go

図書館本。死んだはずの新選組十番組組長原田左之助と緒士調役監察山崎烝が実は明治以降も生き残っていて、三番組斎藤一と共に、降りかかってくる様々な問題に立ち向かっていくお話。正直、あまり合わなかった。死んだはずの二人が生き残った経緯がイマイチすっきりしなかったのと、斎藤のイメージが『流浪人剣心』のまんまでひねりがなかったこと。物語自体はテンポ良く、一気に読める。★★★☆☆

2019/10/06

ブルちゃん

新選組の生き残り3人が、心に誠の文字を刻んだまま、死んでいった仲間たちを胸に、明治の世を生きて行く。 明治時代の政治的な流れが無知なので、難しい所もあったが、なんと言っても原田左之助の真っ直ぐな性格に救われた。 新選組で殿を任されていたのは、この勝ち気で熱い性格からだろう! ニヒルな斎藤さんもカッコイイが原田左之助の侠気が目立つ作品😆✨

2020/05/13

感想・レビューをもっと見る