読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はじまらないティータイム

はじまらないティータイム

はじまらないティータイム

作家
原田ひ香
出版社
集英社
発売日
2008-01-05
ISBN
9784087712056
amazonで購入する Kindle版を購入する

はじまらないティータイム / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

相変わらずシリアスとブラックユーモアを見事に調和させている作品で、作者さんの「すばる文学賞」受賞作です。冒頭から不穏な空気が伝わる展開から、あらゆる人物の視点で語られる作風は読んでいる側のペースを乱すコトなく、自然と引き込まれます。夫を奪われた女性、妊娠し略奪婚に成功した女性、まじめ一本で生きてきた女性、平凡な結婚生活と普通の主人にどこか小さな不満を抱えている女性など、それぞれのおかれた状況から語られるひとクセもふたクセもあるエピソードはどこか他人事ではない妙なリアリティを感じ、他の作品も気になります。

2015/12/12

なゆ

穏やかそうなタイトルに反して、奇妙な関係とクセのある女達。ひ香さんらしい話といえばそうかもな、すばる文学賞受賞作。え~、どうなっちゃうの的なラストながら、不思議とすっきりした読後感。できちゃった略奪婚の新妻と元妻、その結婚式の出席を渋る親戚のおばちゃんとその娘、という四人が交錯する。なんかもう、ミツエの強引なおせっかいっぷりにも、里美のしたたかすぎる策略にもげんなりするが、佐智子の心の中もよくわからなくて。でも、読み進むと、なんだかみんな憎めなくなってくるというか。こういう女たちを書くのがうまいな。

2016/04/19

ねむねむあくび♪

図書館にて読了。こんなにどろどろした状況なのに、とても読みやすい。なんてたくましいんだろう…。平凡な4人の女が、皆、どこか歪んでいて、不器用で、自分をもて余している…。目を背けていた事が明るみに出てきたラストは、唐突だが、前向きな予感に満ち、力強かった。

2015/01/28

taiko

夫を略奪された佐智子、その夫博昭のいとこ奈都子、奈都子の母ミツコ、博昭の新しい妻里美、この4人の物語。微妙な関係性の4人が、じわじわと近づいていく。それぞれ、なんだか曲者で、でも、それぞれに思うところがあって、う~ん、女だなと言う感じ。ついに4人が相まみえて、さらに、一番問題の二人佐智子と里美を残して、話が終わってしまうなんて、うーっとなります。初読みの作家さん。読みやすく、女性心理をうまく描いているなと、興味を持ちました。誰に共感するか?が問われているようですが、どうにも誰にも共感はできませんでした。

2015/08/21

ゆみねこ

原田ひ香恐るべし!これは中々面白かったです。4人の女それぞれ過剰で目が離せない。努力で略奪婚する里美、里美に夫を奪われた佐智子には人に言えない性癖がある。佐智子を心配するおせっかいな伯母ミツエとその娘奈都子。里美には絶対共感出来ないでしょうねぇ。最後のシーンがとても印象的、お勧め本です。

2014/12/05

感想・レビューをもっと見る