読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風よ あらしよ

風よ あらしよ

風よ あらしよ

作家
村山由佳
出版社
集英社
発売日
2020-09-25
ISBN
9784087717228
amazonで購入する Kindle版を購入する

風よ あらしよ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

村山 由佳は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。大杉 栄は、知っていましたが、内縁の妻、伊藤 野枝の物語は、初読です。アナキスト&女として生きた28歳の壮絶人生、読み応えがありました。二人とも頭が良いはずで、貧乏なのに、どうしてこんなに沢山の子をなしたのでしょうか(笑) https://www.bungei.shueisha.co.jp/shinkan/kazeyoarashiyo/

2020/10/13

いつでも母さん

凄い女性がいたものだ。28年の生涯を自分の心に正直に熱く生きた人。パートナー・大杉栄に出会うために生まれたのか。心配や不安から突然解放された二人一緒の最期は、野枝にとってある意味幸せな人生だったかもしれない。無政府主義・国家・自由・・時代も相まって想いを馳せる。何にも屈せずは強い。その熱に周りは呑まれてしまうのだろうな。野枝は生まれてくるのが早すぎたのかもしれない。野枝の胸打つ言葉は多々あるものの、最期があまりにも残酷で苦しさが残るばかりだ。村山さんが描く伊藤野枝にただただ圧倒され読了した。

2020/10/15

ゆいまある

まだ女性にまともな人権が無かった頃、女を、労働者を、弱きものを開放せよと理想に燃えた伊藤野枝。分かり合えない夫に愛想を尽かし、出会ってしまう。恋多き無政府主義者大杉栄に。身を焦がすほどの恋に落ち、子供を捨てて極貧生活に身を投じる。大臣宛に、あなたは為政者でも私より弱いと書く野枝。相手が誰であれ挑発し、目的の為には人を傷つけることも躊躇わない。強い。圧倒的に強い。この強さが欲しい。恋に溺れ、死の瞬間まで愛し合い、愛し抜いた男と共に若くして殺された。人々は語り継ぐ。気高い女の伝説を。

2020/10/14

ウッディ

女性活躍のスローガンだけが耳につく今から100年も前に家や男に縛られる女性の自由を訴え、嵐のように激しく生きた伊藤野枝の生涯を描いた長編。庇護される立場の危うさを感じ、自らの知的欲求を満たし、自立した女性へと真っ直ぐに突き進んでいく前半と、活動家の大杉栄と出会い、妻としての幸せを感じるようになる後半の野枝の心の矛盾が人間らしい。それにしても、自由恋愛など陳腐な理想を語る活動家の身勝手さと頭でっかちさと、知的な女性達が恋愛に溺れた時の脆さが印象的だった。650頁に及ぶ大作は色んな意味で読み応えはありました。

2021/05/01

のぶ

大正時代に活躍した婦人解放運動家、伊藤野枝の生涯を綴った大作。650ページにも及ぶ長編を読み終わって、わずか28年の生涯で、凄い活躍をした女性が存在したものだと感動した。三人の男と結婚し、七人の子を産んだ野枝だが、若くして上京し、夫のいる身でアナキストの大杉栄と魅かれ合い思想に共感していく。全体を通しての描写は野枝の物語だが、大杉栄の活動を描いた部分が中心で、野枝は控えに回っている印象が強い。それでも強く生きている野枝の姿は心に響いた。今まで特に関心のなかった人物だが、より深く知りたくなった。

2020/10/27

感想・レビューをもっと見る