読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

累々

累々

累々

作家
松井玲奈
出版社
集英社
発売日
2021-01-26
ISBN
9784087717358
amazonで購入する Kindle版を購入する

累々 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

2年前に読んだ『カモフラージュ』に続いて、松井 玲奈、2作目です。本作は、完璧な恋愛連作短編集でした。 最近、加藤シゲアキや又吉直樹等のタレント作家が各賞を賑わしていますが、中では松井 玲奈がNo.1かも知れません。その内、大きな賞を受賞しそうです。またAKB48や乃木坂46が消滅しても、著者は専業作家として生き残れそうです。 https://www.bungei.shueisha.co.jp/shinkan/ruirui/

2021/02/22

nobby

『累々』とは「たくさん積み重なっているさま」読了後その意味に行き着くと思わず「怖っ…」マリッジブルーにセフレにパパ活に♬チェリーな失恋と実に多彩なテーマで描く短編は痛々しい。それを相変わらず生々しくも鮮やかに読ませる文章力は健在。元アイドルがよくぞ赤裸々にと思うと意外だけれど、その冠はいらずもう本物だと思う!おまけに中盤辺りでハッとさせられ、そういう芸当もあるのかと脱帽…最もお気に入りは恋愛SLGに重ねる展開に『ときメモ』懐かしく思い出して楽しんだ3話目(笑)期待通りに楽しめた松井さんの次作がもう楽しみ♬

2021/03/17

パトラッシュ

人は様々な経験を積んで一人前になる。ヒロインの小夜が多くの男性と付き合って人を見る目を養い、痛い目に遭ったりもした末に幸福な結婚を勝ちとるプロセスは王道の成長小説だ。王道すぎて尖った部分がなく、サラッとした文章も相まってありがちな恋愛ものという感じを受ける。しかし時系列順で4→3→2→1→5となるところを、葉さんと出会って結婚するまでに過去の回想を挟む形をとることで小夜が恋愛に夢を持たない女になるまでを少しずつ浮かび上がらせるのだ。関係のあった男たちを結婚式に招くラストは、女の怖さしたたかさを突きつける。

2021/04/29

とん大西

…苦い読み味です。セフレにパパ活に…内面に抱える鬱々とした身勝手なエネルギー。それは若さゆえか癒えない傷痕ゆえか。行間に垣間見える小夜の笑顔にイミテーションのような儚さを感じます。掘り下げかたがちょいと粗いかもと思いましたが、巧みな構成で読ませるあたりはなかなか心ニクい。「誰も悪くないの。だって私たちみんなわかってたんだから、これが都合の良い関係だって」…嘘か真実か、愛か情か。この1文は結構効いてるかもしれません。

2021/02/20

かずー

元アイドル、女優である著者。あまり期待せず手にしたが、思いの外楽しめた。少しエロい描写があり元アイドルが書いたものとは思えない。女性の裏の顔が描かれているが恐ろしいものを見てしまった。著者はアイドルグループに所属していた経験から女性の裏の顔を嫌というほど見てきたのではないかと思う。他の作品も読んでみたい。

2021/07/05

感想・レビューをもっと見る