読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブレイクニュース

ブレイクニュース

ブレイクニュース

作家
薬丸岳
出版社
集英社
発売日
2021-06-25
ISBN
9784087717525
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブレイクニュース / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

薬丸 岳は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。今の時代の社会派ミステリということで、途中まで快調に飛ばしたんですが、野依美鈴の正体が見え始めてから、通俗的な物語になった感があります。「野依美鈴のブレイクニュース」を観てみたい。 https://www.bungei.shueisha.co.jp/shinkan/breaknews/

2021/08/11

しんたろー

薬丸さんの新作はYouTubeを舞台にした社会派ミステリ連作で、全編を通じて過激なニュースサイトを主宰する野依美鈴の正体に迫る構成になっているのも上手い。美鈴を追う大手出版社記者・真柄、美鈴に誘われて参加した大学生・詩織、三者の視点がテンポ良く交錯するのも巧み。児童虐待、パパ活、8050問題、ヘイトスピーチなどを著者らしい切り口で描かれていて考えさせられた。特に冤罪の『嫌疑不十分』は、二転三転する展開が面白い。著作の中では軽めに感じるが、キャラ立ち&今日的な問題提起で映像化向きだと思う。続編も期待したい♬

2021/09/11

いつでも母さん

『死ぬ気になって闘わなきゃ、大切なものも守れない。』新聞とTVのニュースで知ることが全てだった時代に育った私はいまだにSNS時代について行けてない。(読メはなんとか参加)薬丸さんの新作は終始これしかないのか?この手法はありなの?の思いが付いて離れなかった。ラストまで読んだのだけれど、何かモヤモヤする読後感(上手くは言えないけれど)扱うテーマは事件はすぐ側にあるのが怖い。

2021/07/21

nobby

頑張れーラストでの最も凡庸な言葉での励ましが思わずグッとくる…YouTubeチャンネル『ブレイクニュース』。そこでジャーナリストもどきを自称する美鈴様が美麗な姿で一触即発まで斬り込む様をハラハラさせられながらの一気読み!児童虐待・8050問題・冤罪・パパ活など重く答えの出せないテーマを取り上げて、ページ止まらず読ませるのはさすが薬丸さん。また物語全般で描かれるのはSNS誹謗中傷だが、叩く暴く双方の気持ちが全く分からない自分は眉顰めて嫌悪で読むばかり…実名晒しての告発に賛否は問えぬものの勇気だけは感じ得た…

2021/12/18

修一郎

医療過誤に8050問題に冤罪,パパ活にヘイトスピーチと,並べていくとそのままワイドショーや文春で今まさに取り上げられているテーマばかり。この連載はテラスハウス事件発生の前から始まっているし匿名の誹謗中傷がとびかうことが前提のユーチューブニュースを舞台としているところが目新し。バラエティーには富んでいるけど表層的でいつもは深く重く切り込む薬丸さんにしては軽め。今回は顔見せだからね。野依美鈴の正体は最後に明らかになったし,次は武器を携えた野依美鈴が深くずしんと切り込むことだろう。次作ありそうだ。

2021/09/15

感想・レビューをもっと見る