読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チンギス紀 十一 黙示

チンギス紀 十一 黙示

チンギス紀 十一 黙示

作家
北方謙三
出版社
集英社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784087717631
amazonで購入する Kindle版を購入する

チンギス紀 十一 黙示 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

【チンギス紀完読プロジェクト】 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11287876?sort=book_count&order=desc 今回は、最新刊第十一弾、『黙示』です。本巻は、チンギス・カンの長男成長&梁山湖への巻でした。続いて11月発売の十二巻へ。まだまだ続きそうです。 https://www.shueisha.co.jp/kitakata/chingisuki/

2021/08/03

パトラッシュ

いよいよチンギスと金朝の戦いが本格化する。ジョチら息子たちも成長し、将としての器量を試されて苦労している。金朝側も政権混乱の果てにチンギスが認める男である完顔福興が指導者に列し、耶律楚材と共にモンゴルとの戦いに臨むことになる。中国本土へ侵攻する後半生のハイライトであり、再び優れた敵との邂逅でチンギスに新たな生気が吹き込まれるようだ。ジャムカの息子マルガーシもホラズム国で地位を固めつつあり、後のモンゴル軍との戦いで活躍する準備が整ってきた。題名通り、今後の大いなる戦いを予感させる間奏曲的な転換の巻といえる。

2021/09/06

まえぞう

金国へ攻め込むチンギスは、かつて梁山泊があった滸を訪ねる。一旦体勢を立て直し、次の進攻を準備するチンギス。一方で、近づく西征の伏線をはるかのように、ホラムズの王子ジャラールッディーンとジャムカの息子マルガーシの旅が続く。西征への転機が近づいている。

2021/07/23

Odd-i

いよいよ金軍25万(後に50万)と、モンゴル軍10万の直接対決の始まり始まり〜。「戦場も知らない廷臣が考え、ほかの廷臣も諸手を挙げて賛同する。ゆえに帝も、満足して頷く。」そんな金国でクーデターが起こり帝が殺され、起こした本人も又殺されるという事態に。が、そこは腐っても金。上層部に疎んじられ軍の片隅に追いやられていた将軍に白羽の矢が立ち……。戦闘シーンこそ控えめではありますが、チンギスの強みと言われている交易のお話も興味深い本シリーズ。今回は、遊牧民からタダ同然に手に入れた〇〇。城をも築く資金になるとは!!

2021/08/04

garakuta@読書とゲームの愛好家

図書館本:【速読】(一日一書):北方謙三節の光った一冊。版図拡大に執念を燃やす、モンゴルに感動した。他国遠征の為に土地名も変わるし、若い衆も出てきて面白い、最後の方(340ページ)のやり取りなんて可也腑に落ちますよ。『自分は、未知の領域が怖くて、越えようとしない。』と思いました

2021/08/31

感想・レビューをもっと見る