読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

語りなおしシェイクスピア 1 テンペスト 獄中シェイクスピア劇団 (語りなおしシェイクスピア テンペスト)

語りなおしシェイクスピア 1 テンペスト 獄中シェイクスピア劇団 (語りなおしシェイクスピア テンペスト)

語りなおしシェイクスピア 1 テンペスト 獄中シェイクスピア劇団 (語りなおしシェイクスピア テンペスト)

作家
マーガレット・アトウッド
鴻巣友季子
出版社
集英社
発売日
2020-09-04
ISBN
9784087735079
amazonで購入する

語りなおしシェイクスピア 1 テンペスト 獄中シェイクスピア劇団 (語りなおしシェイクスピア テンペスト) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

謹んで拍手。シェイクスピアの『テンペスト』にて、プロスペローが舞台で恭しく挨拶をする幕引きに、盛大な拍手を。喪失の哀しみと 裏切りへの憤怒。古典の名作に、それらを苦いスパイスとし、大人の悪い男たちを掌で踊らせる。アトウッド氏がヘレン・ミレンの顔をして、自分の手を見ながらニヤリとこちらにウインクしてくる感じ。原作の解釈は、登場人物それぞれに、そして読者に委ねてくれる。アトウッドの最高傑作じゃない? 舞台が見えるの。みんなが本当に楽しそうに演じてるのが。これは映画になるわよね。日本では三谷さん、おねがい!

2020/09/04

ケイ

読書会のために再読。改めてアトウッドの筆の衰えなさ、というより筆のますますの冴えに感嘆。シェイクスピアのrewriteなんてものに手を出して晩節を汚すようなことになれば…一体なんてことを…と読む前には思ったけれど、読み砕いて、ぶっ壊して、新しい価値観を持ってきてる。LGBTや人種問題に移民、そして忘れてはならない先住民の主張。環境問題もどさくさに紛れていれ混むし、囚人の権利や、あと見世物小屋に出されるもののツラさとかなんとか全部。パーフェクト!

2020/11/04

NAO

『テンペスト』は、弟の裏切りで国から追放され孤島で暮らしているミラノ王の復讐劇。この「島」は牢獄に他ならず、『テンペスト』の舞台設定ならびに復讐劇という内容は、表舞台から追放され矯正所を働き場とし復讐を胸に秘めている主人公の現状とまったく同じという、なんとも凝った構成。フェリックスの授業での『テンペスト』の解釈が、これまた面白い。発表後、物語のその後を考えさせるのも、ユニーク。アトウッドというと、暗く重い話ばかり読んできたが、この作品は、まったく印象が違うものだった。こういうアトウッドも、いいなあ。

2020/11/12

星落秋風五丈原

『テンペスト』はシェイクスピア最後の作品と言われる。半沢直樹の倍返しを凌ぐ、復讐に次ぐ復讐の嵐の物語を書いた彼が最後に選んだのは、主人公が復讐ではなく融和を選ぶ物語だった。巻末にオリジナルのストーリーが紹介されているので、原作を知らずとも楽しめるが、登場人物達の台詞の中に『テンペスト』他シェイクスピアの台詞が挿入されているので、オタク心が騒ぐ人&元キャラクターがどうアレンジされているか興味がある人はぜひ原作の御一読を。暗い未来やしかつめらしい作品のイメージが強い彼女の作品には珍しくコメディ。

2020/09/28

ネコベス

部下のトニーに裏切られ舞台監督の座を追われたフェリックス。復讐を誓ったフェリックスは、刑務所で囚人にシェイクスピア劇を指導する講師になり時期を伺う。テンペストを元ネタに重層的な人情ミュージカル劇に仕上げたユーモアたっぷりの愉快な小説。ガラの悪い囚人達の稽古風景やラップ調ミュージカル、飛び交うシェイクスピア風悪態、幕開けと共に始まる復讐劇までテンポ良く痛快。幼い娘を亡くした悲しみに心を蝕まれ、幻の娘との生活を支えに生きて来たフェリックスが、復讐を遂げ幻を解き放つ爽やかなラストシーンはててなし級に良かった。

2020/10/16

感想・レビューをもっと見る