読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

松浦弥太郎の新しいお金術

松浦弥太郎の新しいお金術

松浦弥太郎の新しいお金術

作家
松浦弥太郎
出版社
集英社
発売日
2012-03-05
ISBN
9784087754049
amazonで購入する

松浦弥太郎の新しいお金術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

村越操

お金についてゆっくりと考え直せる、優しい書。「お金に好かれるような暮らし方、仕事のしかたをすること」「嫌いなものは、絶対に自分のものにはならない」「働いているのに何年かかっても百万円が貯められないというのは、一種の病気、いわばお金の病です」「好奇心の大きさは収入に比例する」「知識がなかったら、勉強して蓄えればいい。努力が足りなかったから、もっと努力すればいい。準備不足が原因なら、つぎはもっときちんと準備すればいい」「友だちづきあいの基本は、自分がされてうれしいことを、相手にしてあげること」

2014/03/09

りえこ

想像していた内容と少し違っていたけど、今までと違う角度から見られて考えられて良かった。お金さん。

2013/09/27

Humbaba

お金を貯めるには,お金のことを大切にすることが必要である.そのためにも,お金について考えることをタブー視してはいけない.お金と友だちになり,大切にしていれば自然とお金は仲間を連れてきてくれる.

2013/03/26

きりぱい

「いつも貧乏で、先行きが心配です」そんなあなたはまだ、お金と友達になっていないのです。がーん!完全に片思いだったのか。これが本当大まじめな話。お金をお金さんと呼ぶ、財テクでも節約術でもない、そこに至る根っこの話。そしてずばり、お金持ちになる方法。お金へのスタンスの違いがこんなにもお金の流れを良くするのかと思うと、ちまちま節約したり、しみったれた使い方をすることが決してお金を増やすことにつながらないことがわかる。「自分株式会社」という考え方が、浪費を避けプラン立てた使い方を意識するいい自覚法に思えた。

2012/04/01

ころちゃん

素直なわたしはとりあえずテレビ消しました。

2013/09/09

感想・レビューをもっと見る