読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

愛の話 幸福の話

愛の話 幸福の話

愛の話 幸福の話

作家
美輪明宏
出版社
集英社
発売日
2002-06-26
ISBN
9784087803570
amazonで購入する

「愛の話 幸福の話」の関連記事

選ばれる女は本を読んでいる! バチェラーの愛を勝ち取った倉田さんが影響を受けた本5選

 Amazon Prime Videoで配信中の大人気恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」。そのシーズン2に出演し、見事、バチェラーの愛を勝ち取ったイラストレーターの倉田茉美さんに、読書についてのインタビューを行った。ふだんからSNSでも好きな作家の新刊を紹介するなど、自他ともに認める読書家である倉田さん。「日本一過酷な婚活バトル」といわれる女の戦いを制した彼女に、今の自分の恋愛観にもっとも影響を与えた、とっておきの5冊を紹介していただいた。

勝因は読書! 本を読むことがいい恋愛、いい人生につながる

「小説もスピリチュアルも絵本も…江戸川乱歩とかホラー小説も好きだし、アニメ、漫画も。わりとなんでも幅広く読んでいると思います」という倉田さん。読書の習慣がついたのは保育園時代にさかのぼる。

「小さいときから、ひとりで待っている時間が多くて。その時間に絵を描いたり、絵本を読んだりしていましたね。保育園のころは『かいけつゾロリ』シリーズが大好きで、保育園にあった本を家に持ち帰ってまで読んでいました」

 高校3年生のときに、実姉(作家の木爾チレン)が小説家…

2018/8/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

愛の話 幸福の話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らったった

混沌としたこの世の中に著者がたくさん突っ込んで行きます。その言葉の重みを感じながら読んでいきました。カラーページもあり、尊敬する方々との対談。自分を作ってくれた方逹との話。最後のあとがきが響きました(*^^*)

2014/11/10

バニラ @

(幸せは自分の心がきめていく)日々の生活に向上心を持って、美しくあること(美しい物を愛でて、言動も美しく)品格を持ってくらすそんなメッセージがたくさん盛り込まれた本です。戦争を経験していない(緊張感、飢餓もない)平和な時代に育った現代人〜何でも手に入り成熟してない(お子ちゃま化)した人達に、静かに警告を鳴らしている。美輪さんの本を初めて読んでみました、なかなか含蓄のある事が書いてあり勉強になりました。当時、時代を動かしていた芸術家達との出会い対談が良かった。

2015/07/15

ach¡

わかってはいるのだ…頭では。お酒なんか飲んでもムダ、おしっこになって出ていくだけ((´・ω・`))幸せとは充足感、これ以上何も望むものはないとしみじみ思う気持ち((´◦ω◦`))面倒くさいを口ぐせにしていると知能と行動レベルが低下して、そのうち食事もセックスも面倒になって、ただの人糞製造機になってしまう(((´0д0`)))とかとか、耳が痛ぃ。心が痛ぃ。美輪サマの御言葉がグサグサ突き刺さる。ぁぅ。。私には足りないことだらけ。至らない点ばかり。わかってはいるのだ…頭では。わかってはいるのだ…ウム、猛省なのだ

2016/04/02

美登利

若い人は、とにかく自分の内面を磨きなさい。美しさよりも、皆を虜にするはずだ!そのためにはありとあらゆる努力をしよう。本を読む、芸術に触れる、内面がつまらないから捨てられるのだ。いまの日本を悪くしてるのは、若者ではなく、40~70代の大人だ!我々の年代が改めなければ、日本はドンドン悪くなるんです。自分の幸せたけを考えて浮かれすぎてました。グサグサ心に響きます。他人の為にも心配りができるのが、大人なのだ!

2013/10/08

Koji Yoshida

美輪明宏さん、愛にみちていますね 「私に愛を敏えてくれたのは、 私を愛してくれた人たちでした〜 絶対的な愛、絶えることのない愛、そんな無償の愛が、この世に存在するのだと」 シャンソン銀巴里での江戸川乱歩、三島由紀夫、東郷青児、川端康成、遠藤周作の出会い。そして美意識の自己確立。ここに描かれている女性は男性から見て、とても魅力的ですね。

2018/08/31

感想・レビューをもっと見る