読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

科学の扉をノックする

科学の扉をノックする

科学の扉をノックする

作家
小川洋子
出版社
集英社
発売日
2008-04-25
ISBN
9784087813395
amazonで購入する

科学の扉をノックする / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

小川洋子さんはいくら科学が好きでもやはり読者と同じくらいのレベルだと思います。ですので非常にわかりやすく説明してくれています。7つの分野における第一人者の話を聞くことで今まであまり興味のなかった分野にも少しは目を向けようかなあという気にさせてくれます。とくに細胞性粘菌や遺体科学などあまり知らないことを知ることができました。

2017/01/04

へロム

面白かった。宇宙、DNA、鉱物、大型放射光施設、粘菌、遺体科学、肉体と感覚の7つをテーマに取り上げ、各分野の専門家とのインタビューを交え、興味深くまとめてありとても面白かった。ぜひ、第2段、第3段と続けてほしいなと思いました。科学への扉を開いてくれる本です。

2013/05/27

キジネコ

真実を語る言葉は 既に記されている。誰よりも、何よりも早くに記されている。私達の科学は その言葉を読み解く方法を少しづつ見つけているに過ぎない。この本を読むと今の小川さんが どの様にして出来上がったのか?想像できる。大好きな祖父に誘われて眺めた夜の月と天文への興味、ヌルヌルネバネバが好きだ!一風変わった女の子が訊く粘菌の人間らしさ、鮒の解剖を嬉々とこなし開かれた内蔵を美しいと云ってのけて覗く遺体科学・・真実が明らかになる都度存在を無視できなくなるサムシング・グレイト・・創造主は、果たして神と呼ぶべきか・・

2013/06/15

Matoka

宇宙、鉱物、核とDNA、空中都市spring-8、遺体科学と多岐に渡るテーマのそれぞれのプロに作者がインタビューしに行きまとめた一冊。とても面白かった!

2015/08/04

なお

図書館本。宇宙の神秘から動物の遺体科学、鉱物等専門家との会話を小説家らしく言葉を選んで伝えている。遺体科学はちょっと引いていたが、読み進めると自然界の進化に触れた様でした。

2016/06/13

感想・レビューをもっと見る