読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねこぢるせんべい (愛蔵版コミックス)

ねこぢるせんべい (愛蔵版コミックス)

ねこぢるせんべい (愛蔵版コミックス)

作家
ねこぢる
出版社
集英社
発売日
1998-08-20
ISBN
9784087820225
amazonで購入する

ねこぢるせんべい (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Worldさん

あとがきはねこぢる先生の夫・漫画家の山野一先生。 あとがきの一節、ねこぢる作品はネガティヴな人間の側面が、当たり前のように描かれている。しかし寄せられたファンレターには心が癒されるといくのを感じたとという。←これがねこぢるの良さ。とてもわかる。

2017/05/26

pochi

1998年 8月26日

nao

人間のダークな面、暴力性、差別、残酷性、自己中心さ等が主に動物のキャラクターを介して淡々と描かれていく。これを楽しく読めるか、嫌悪感を抱くか好き嫌いがはっきり分かれるのではと思う。私は楽しく感じるところは少なかったが、キャラクターの可愛さには魅力を感じる。

2013/03/01

かい

これに会えて嬉しい。しんどいのは楽にならないけど嬉しい。

2010/04/30

SaintNoLiquor

最高!

2021/03/14

感想・レビューをもっと見る