読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぽっかぽか 15 (コミックス)

ぽっかぽか 15 (コミックス)

ぽっかぽか 15 (コミックス)

作家
深見じゅん
出版社
集英社
発売日
2015-04-17
ISBN
9784087852769
amazonで購入する

ぽっかぽか 15 (コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こちゃら。

28年間続いたぽっかぽかもこの巻で最終回。それにしても、1巻の麻美と義彦とはまるで別人のようです。このシリーズを読むと、自分には、選ばなかったもう一つの道が、どこかにあったのではないかと自問自答させられます。再終話も、自然としたお話でよかった。田所家・・きっとまたね♪

2015/05/24

まりもん

色んな夫婦、親子のかたちがあるんだなぁって思える話だった。

2015/04/18

ミッキーの父ちゃん

娘が生まれてしばらくした頃に出会った本。ついに終わってしまいました。あすかチャンは永遠の幼稚園生ですが、お父さんは課長さんになったんですね。お母さんも相変わらずの微笑ましいぐうたらぶりで、本当に何事もなく最終回を迎えてしまった感じなので、いつ再開してもおかしくなさそうですが、作者の方の28年間の努力に敬意を表して、完結をお祝いしたいと思います。

2015/04/29

まはな

(図書館)最終巻。『100パーセント』は前の養子のその後を知れてよかった。吉田さんが追いつめられる前に助けられてよかった。義彦がちょっと聖人君子ぎみになって違和感はあるのだけどああいう人が課長になるのなら会社の社員も安心?ファンタジーものと思って見ているので現実感は薄れてしまうけれど理想郷にでも行った気持ちで読み終えました。

2017/05/08

keco

大好きで大好きで大好きで、1巻から全部大切に集めています。時々1巻から読み返してみると、田所家の成長が感じられます。子育てって夫婦ってもっと気楽に、自分なりに大切にしていれば良いんだよな!って思わせてくれる田所家、大好き。出会えてよかった。夫に子供たちに。と改めておもいます。

2015/12/30

感想・レビューをもっと見る