読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

本当は偉大だった 嫌われ者リーダー論

本当は偉大だった 嫌われ者リーダー論

本当は偉大だった 嫌われ者リーダー論

作家
鹿島茂
出版社
集英社
発売日
2019-12-13
ISBN
9784087860771
amazonで購入する

本当は偉大だった 嫌われ者リーダー論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

birdwatcher

「はじめに」のリーダー論とシャルル・ド・ゴールについての論考が秀逸だった。蔣経国については、二代目の世襲政治家という印象しかなかったので、この本を読まなかったら、今の台湾を実質的に作った人物であることを知らないままだったと思う。

2020/01/23

感想・レビューをもっと見る