読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生

作家
高城剛
出版社
集英社
発売日
2019-04-05
ISBN
9784087861099
amazonで購入する Kindle版を購入する

「2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生」のおすすめレビュー

人類の寿命はどこまで延びる!? 30年先の環境変化や世界の覇権争いを科学的に予測!

『2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生』(高城剛/集英社)

 4月中旬なのに、寒暖差が大きくて冬物のコートがしまえない──。まあいつもなら、「そのうち温かくなるさ」と気にも留めないところだが、今はもうそう楽観できない。なぜならば、衝撃的な警告の書を読んでしまったからだ。

『2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生』(高城剛/集英社)は、前作『分断した世界』(集英社)の後編にあたるもので、合わせて足掛け5年の歳月をかけて、「世界の大きな変革の始まり」を識者へのインタビューなどを交えて取材しながら、この先30年間の未来予測を行う1冊だ。後編とはいえ書籍の内容は独立しているので、本書から読み始めても何ら問題はない。

■2030年代から地球規模の小氷河期が始まる!?

 何がショッキングな警告なのかといえば、本書冒頭に登場する、ある科学者の言葉である。それは、「2020年以降、地球は寒冷化が本格化し、2030年代からそのピークとなる小氷河期に突入する」という“科学的予測”である。予言や預言ではなく、科学的予測というところが肝だ…

2019/5/2

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yuji Hamano

地球規模の大きなうねりを意識する機会を与えてくれた。確かに地球の環境を無視して栄枯盛衰を語ることは難しいし、社会的な出来事も自分の視野にはいる、ここ数十年のことしか考えてないことを自覚した。

2019/05/14

mochizo

最後の件の日本がEUと組むかは定かではありませんが、途中までは中々興味深く読めました。特に日本とインドの関係は、アメリカを軸に考えると理解できますね。お試しに読んでみていい本です。

2019/06/14

Gabachom

EUに加盟することが解になるのか、詰めが甘いようです。

美東

宇山卓栄著「日本の今の問題は、すでに{世界史}が解決している。」 https://bookmeter.com/books/9054308 に引き続き、本書を読んだが、こちらのほうが圧倒的に読みごたえがあった。とはいえ、日本がEUに加盟しても問題は解決しそうにない...

2019/07/15

モビエイト

2049年、30年後はどうなっているのでしょうか? 覇権国家がアメリカきら中国になっているのか? 人類はどうなっているのか? 色々と興味は尽きないですが、高城さんの予測は 当たるのでしょうか、興味深く読みました。

2019/04/24

感想・レビューをもっと見る