読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

死とエロスの旅

死とエロスの旅

死とエロスの旅

作家
壇蜜
出版社
集英社
発売日
2019-06-05
ISBN
9784087880144
amazonで購入する

死とエロスの旅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

壇蜜は、新作をコンスタントに読んでいる作家?です。 壇蜜が6年に渡って、NHK-BSのドキュメンタリー(しかも海外ロケ)に出演しているとは知りませんでした。興味深い内容なので、番組も観てみたいと思います! https://www.youtube.com/watch?v=9SHZtODd0UE 【読メエロ部】

2019/07/20

nyaoko@第三次成長期により増量中

BSプレミアムで放送された壇蜜さんのドキュメンタリー。を、見れてません。我が家は映らないので…なので、書籍化されてると知って即お取り寄せ。ネパール、メキシコ、タイの3カ国を巡る、死と生と性の旅行記です。それぞれの国の宗教は違っても、どの国の人も死を不幸や、不運なものとは思ってないなと感じた。貧富の差が激しく、決して満足な生活ではないのに、その事を受け入れてる姿は、ほんの少し前の日本人にもあったのではと思う。今の日本人は執着が多すぎると言う言葉にはっとさせられます。最後の絵日記、壇蜜さんらしくていいです。

2019/12/11

どんぐり

人間の本能は突き詰めればエロスとタナトス。このフロイトの世界を取材し、NHKBSプレミアムの特集番組「壇蜜 死とエロスの旅」が放映されている。第1回目のネパールが2014年12月、2回目のメヒコが翌年の12月、3回目のタイが2019年の1月。それを写真と文章で構成したのが本書。壇蜜の〈エロス〉の部分がほとんどないのが残念だが、〈タナトス〉の死者を弔い祀る世界を紹介している。ネバールの聖なるガンジス川の源にあたる「バグマティ川」と「死を待つ者の家」、メキシコの骸骨で知られる「死者の祭り」と呪術の「ソノラ市場

2019/12/14

テツ

壇蜜さんの紀行文。ネパール、メキシコ、タイ。生と死をそれぞれの文化はどう扱ってきたのか。それによりそこに暮らす人々の価値観はどう熟成されていったのか。生と死は性と死。他者と心と身体を繋げることにより新しい生命が生まれやがて死んでいく。生きることにまとわりつく全ては本来綺麗なものじゃないということ。フィクションで語られるような美しさではなく、生(性)と死の生々しさを、血と汗と体液が絡み合うような真実の姿を知ることが、生きることの価値を高め死について考えるきっかけになるんだと思う。壇蜜さんいいですね。

2019/09/08

aloha0307

冒頭 壇蜜さんが濃紺のワンピースで登場(写真なし but似あいそ) 生と死、そして性:エロスが人びとのほんの身近にある(我が国は真逆ですね)ネパール、メキシコ、タイを訪問。「輪廻転生を信じきれない...」で始まる章は3回読み返しました。エンバーミング、解剖 ご遺体に接する仕事を経験は驚きました(それであの無二な雰囲気?) 学生時代の壇蜜さんの写真は大サービスだね✿ 訴求力ある自筆イラストもマル☺

2019/11/21

感想・レビューをもっと見る