読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

その落とし物は誰かの形見かもしれない

その落とし物は誰かの形見かもしれない

その落とし物は誰かの形見かもしれない

作家
せきしろ
出版社
集英社
発売日
2021-04-05
ISBN
9784087880571
amazonで購入する Kindle版を購入する

その落とし物は誰かの形見かもしれない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

落とし物からの妄想ものがたり。何とも言えない味わいがある。せきしろさん独特の世界観がある。クスッとしたり、ほんわかしたり・・・その落とし物と自分自身との距離感で、感じ方が違ってくる。車を使うようになって、落とし物を目にしなくなった・・・ように思う。いいことなのかなあ~。

2021/08/06

ポチ

道に落ちている色々なモノ。何故?どうして?ここにある?からの妄想が凄い。よく思いつくなぁ。

2021/10/17

さっちゃん

道端で見つけた落とし物から、想像と妄想が広がる落とし物エッセイ。落ちているのは軍手やバナナ、買い物メモまで様々だけど、そこからこれほど想像(妄想)が広がるなんてすごいと思う。優しさやユーモアにあふれていて、ほんわかした気分になる一冊。

2021/08/28

黒猫

私も落とし物に遭遇すると何故ここに落ちてるのか?と落とし主のことを想像しているのでせきしろさんと同じだが、私の100倍想像力豊かでさすがだなぁ!カンロ飴の幼い頃の記憶に胸が痛んだ。

2021/05/12

ひいろ

★★★

2021/09/16

感想・レビューをもっと見る