読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇

勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇

勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇

作家
中村計
出版社
集英社
発売日
2016-08-05
ISBN
9784087890068
amazonで購入する

勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遥かなる想い

第39回(2017年)講談社ノンフィクション賞。 駒大苫小牧を 2004-2006年2.9連覇に導いた 監督 香田誉士史を描いた本である。 北海道の高校を 夏の甲子園で初優勝に導き、 その後 田中将大を擁した 駒大苫小牧の 光と影..相次ぐ不祥事と苦闘.. あの時に そんなことがあったのかという ノンフィクションの醍醐味を味わえる本だった。

2017/07/28

いつでも母さん

『伝説』は作ったが『伝統』までは築けなかった。この言葉に集約されていると感じた。初優勝の時の興奮は今も覚えている。TVからでも甲子園全体が駒苫を応援しているのが伝わり、3連覇がかかった決勝戦は甲子園が早実に味方したのも感じた(早実が夏、初優勝だったことが不思議ではあるが)その裏で名門校にはない苦悩があったことは想像に易くない。球児も、学校も、そして香田監督にもだ。『夏の甲子園』を特別なものとして崇める何かが善と悪とが存在していることをこの本は伝えている。野球関係者だけでなく高校野球好きにも読んで欲しいな。

2016/10/24

s-kozy

駒大苫小牧、高校野球史に確たる足跡を残している。2004年に夏の甲子園を制し、北海道(だけではなくかつて圧倒的に不利とされていた雪国)勢として初の優勝校となった。率いていた監督は香田誉士史。香田はそこから翌年も優勝、翌々年は準優勝とチームを導く。この奇跡は道民からは「2.9連覇」と称えられた。本書は香田の1995年の監督就任から2008年までの奮闘ぶり、栄光を掴み、それに翻弄される日々を詳細に描く。「何かを得たということは、その等分何かを喪失したということ」という描写がズシリと重い。力作ノンフィクション。

2018/12/04

山田太郎

今博多にいるんだと思ったけど、佐賀の人なんで不思議でもないかと。ある程度変人じゃないととんでもない実績はあげられないとは思うが、ここ最近のマスコミ嫌いに拍車がかかりそうなくらいマスコミ腐ってるなと。信用してはいけない度合がますます増してきました。本とか新聞売れないのはわかるな。厚いしなんとなく読み始めたけど、予想以上に面白かった。

2016/11/26

TATA

まさに高校野球の光と陰。社会現象にもなった駒大苫小牧高校の栄光と転落。あまりにも大きな栄光を手に入れた故の苦しみ。そう考えると名将と言われ長年にわたって采配を振るう監督はいかに卓越した人間力を有しているのか。池田や箕島といった時代を思い返し公立校の復権を強く望みます。

2017/08/19

感想・レビューをもっと見る