読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マナーはいらない 小説の書きかた講座

マナーはいらない 小説の書きかた講座

マナーはいらない 小説の書きかた講座

作家
三浦しをん
出版社
集英社
発売日
2020-11-05
ISBN
9784087900156
amazonで購入する Kindle版を購入する

マナーはいらない 小説の書きかた講座 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

三浦 しをんは、新作中心に読んでいる作家です。満漢全席のような24皿、小説の指南書なので、比較的シリアス、エッセイほど抱腹絶倒ではありませんが、楽しめます。私は文才がないので、本書を読んでも、小説は書き(け)ません(笑) https://cobalt.shueisha.co.jp/contents/manner-miurashion/

2020/12/12

旅するランナー

結局、小説の書き方は千差万別・十人十話・人それぞれ、書きたいという情熱と技術・技量があれば本人の思うように書けばいい。そして、マラソンのごとく、持久力と粘り強さを兼ね備えていること。ハウツー本として期待してはいけません。マネはいらないのです。それよりも、自作のネタバレをものともせず、どう発想・構想・創作したかを明かして頂けることが、しをんファンとしては嬉しい限りです。

2021/05/05

いつでも母さん

「真面目か?」って読み初めはちょいと戸惑った。が、そこはしをんさん!(笑)私は小説を書けないが小説家って凄い!を感じるエッセイだった。(←勿論最大級の賛辞と尊敬を込めてます。)私に欠けてるものは、想像力に語彙力に・・その他諸々(汗)やっぱり私はしをんさんが好きだ!

2020/11/28

修一郎

実際の三浦しをん作品の構成図を載せてあるので,こんな発想からあの作品を作っていったのかがわかって楽しかった。自分は飛ばし読みの癖があって「誰がしゃべってるんだっけ」ってのがしょっちゅうだ。なので語り手や状況を明示する工夫になるほどです。小説の書き方にマナーはいらないよと言いつつもルールというか読者を混乱させないためのお作法は必要ですね,よくわかりました。ハイロー&Exileのグダグダ部分はナナメ読み。自分が小説を書くことはないだろうけど書くとしたら神視点/三人称視点だろうな。一人称視点なんて絶対無理。

2021/01/15

みかん🍊

小説を書く予定はないがしをんさんのエッセイとして読んだ、上から目線の堅苦しい指南書ではなく、しをん節健在で小説を書くのは大変なんだなと改めて感じた、天才しをんさんなら思いつくままさくさくかと思ったら、ちゃんと構成を練ってひたすら推敲を重ねに重ね、独りよがりではなくちゃんと読者の事を考えて作り上げている、だからどんな長編でも読みやすく情景が浮かぶんだなと納得、表現する言葉をデッサンに、最後まで書き上げるのをマラソンに例えさすが比喩が得意、書く予定はないが読むときにも参考になった。

2021/04/07

感想・レビューをもっと見る