読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ときめきまんが道 ―池野恋40周年本― 上 (愛蔵版コミックス)

ときめきまんが道 ―池野恋40周年本― 上 (愛蔵版コミックス)

ときめきまんが道 ―池野恋40周年本― 上 (愛蔵版コミックス)

作家
池野恋
出版社
集英社
発売日
2019-07-18
ISBN
9784087920529
amazonで購入する Kindle版を購入する

ときめきまんが道 ―池野恋40周年本― 上 (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

assam2005

池野先生が漫画を始めたきっかけからデビューしていくところまでをエッセイコミック化。「ときめきトゥナイト」はまだ世に出ていない頃。この頃はリアルタイムでは読んでいなかったので、私の中での感動はちょっと薄い。40周年って40年前なんですよね、当たり前なのですが。今とは違う昭和の空気感がじんわりと。漫画家さんって大変なんだなぁ。こんな生活してたらそりゃ倒れるわ。思わず「お疲れさまです」って頭下げちゃいました。(笑)

2019/07/19

みかん@道北民

いいですね。当時大好きだった漫画家さんのエッセイ。その裏側も読みたけりゃ、マンガ好きなら多少は絵や漫画を描いたりしたことがあると思いますが、其の頃を思い出して何やら描きたくなってきてしまう。本屋さんに上巻しか無かったので早く下巻も買わなければ!

2019/09/13

鳩羽

漫画家池野恋の、絵が好きな女の子だった少女時代から初投稿、そして社会人との二足の草鞋を履きながらの作家生活を描いた自伝的エッセイ漫画。ギャグテイストのイラストの雰囲気と、違和感なく溶け込む可愛い女の子の可憐さが懐かしい。素直にまっすぐ好きなことに努力してきたのが伝わる上巻。

2019/08/05

しずか

エッセイとのことなので、てっきり文章だと思っていたら全編漫画でした。さすが漫画家さんです。小学校の時に「ときめきトゥナイト」にめちゃくちゃ惚れ込んで読みまくっていましたが、すごく懐かしい。子供のころから絵を描くのが好きで自分で漫画のような自作の本を作ってらしたとか。私も似た経験があるのですごく共感出来ました。でも私の場合はそんな黒歴史はさっさと捨ててしまいましたが、きちんと保管されているのってすごいです。デビュー当時は漫画家と本業の二足のわらじで苦労されていたのは初めて知りました。

2019/08/03

moyu

19歳でデビューって大明神様のお告げが叶ってしまうんだもの。まさか初投稿作品がデビュー作で、ある時までは仕事と二足のわらじでがんばってらしたとか。すごい。単行本未収録作品、1979年のものだとか。まだ生まれてない…

2020/05/24

感想・レビューをもっと見る