読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 新装再編版 13 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 13 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 13 (愛蔵版コミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
2018-08-01
ISBN
9784087925432
amazonで購入する

SLAM DUNK 新装再編版 13 (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

メガネくんの回想から、無音の世界で試合終了ブザーまで。『バリバリ伝説』の最終回を思い出した。「さぁ整列だ」にぐっと来まくり。魚住の悔し涙、三井の後悔の涙、ゴリの嬉し涙。そして俺の涙。

2018/09/25

Y2K☮

熱闘。確かに陵南の敗因は田岡監督だ。木暮のことを「あいつも3年間がんばってきた男」と言っていたが、それは彼だけではない。試合に出られない選手でもレギュラー以上に努力していたかもしれない。その典型である宮益をリスペクトする空気が海南にはあった。きっと指導者にそういうメンタリティが備わっていたからだ。無論この巻のヒーローは木暮。同じ3Pシュートでも彼と三井を対比すると浮かぶ景色が異なる。辞めたくても踏み止まった男と辞めたくないのに流れで辞めた男。もちろん辞めていい。でも続けた人へのご褒美もたまにはあっていい。

2020/12/01

せ〜ちゃん

★★★★★ 陵南戦、続き(3冊目)。 三井に泣けた! メガネ君のシュートにも泣けた! 陵南・田岡監督の最後の言葉に救われた。 その通りだよ!

2020/12/18

ソラ

小暮先輩ですよ…!

2018/08/11

どあら

妹から借りて読了。やったね!良かったね!(^O^)v

2018/10/08

感想・レビューをもっと見る