読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 新装再編版 18 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 18 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 18 (愛蔵版コミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
2018-09-01
ISBN
9784087925487
amazonで購入する

SLAM DUNK 新装再編版 18 (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

絶対王者・山王工戦。絶望的な点差をつけられて意気消沈の湘北。机上での花道の常識はずれな行動が徐々に湘北を甦らせる。初めて人に頼りにされる花道、意識朦朧としながら3Pを決め続けるみっちゃん、安西先生の最後の台詞に涙がじわじわじわじわ滲み出る・・・。日本一のプレイヤー沢北に「ぶっつぶす」と言い放った時の流川と沢北の表情がかっこ良すぎる。武蔵と小次郎だ!

2018/10/06

ソラ

魚住のお陰で息を吹き返した感。安西先生の見てるか、谷沢ってところはこっちもプルプルした。

2018/09/02

Y2K☮

赤木のゴール下、花道のリバウンド、そして三井の3ポイント。これだけは負けない、譲らないという一芸で勝負できる男に憧れる。宮城は小さくて(失礼)高性能で長持ちするメイド・イン・ジャパンの典型的優良品。バンドでいうならベーシスト(華もあるからドアーズのレイ・マンザレクみたいに左手でピアノベース、右手でオルガンを弾けるタイプかも)。北方謙三「水滸伝」の脇役たちを思い出した。医師、鍛冶屋、長距離走、印鑑の偽造。主役じゃないけど彼らは十分輝いていた。こんなものを見せられて奮い立たないエースはいない。流川、君の番だ。

2020/10/12

どあら

妹から借りて読了。ミッチーは限界を超えてるのに、シュートを入れてくるのはさすが!カッコイイなぁ!

2018/10/08

りぷれ@灯れ松明の火

【新装版で再読】まだまだ苦戦が続く山王戦。皆からの期待を受けて、切り札として登場のシロート花道。そして魚住!魚住自身が乗り越えてきたことを、今度はゴリに知らしめる。安西先生じゃないけど、ありがとう魚住…!ゴリと魚住はほんとに「好敵手」という言葉が良く似合う。ミッチーはフラフラになりながらも、チームを信じてスリーポイントシュートを決める。信頼できる仲間ができて、ほんとよかったね…(T^T)で、この辺りから、山王の松本はミッチーに翻弄されるのでした。

2018/11/24

感想・レビューをもっと見る