読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 新装再編版 19 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 19 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 19 (愛蔵版コミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
2018-09-01
ISBN
9784087925494
amazonで購入する

SLAM DUNK 新装再編版 19 (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

井上さんの迫力ある画力がたまらない流川vs沢北のエース対決。バラバラの様で纏まっていく湘北。「そのシュートは 今までより高く 美しい弧を描いた」から花道の捨て身のプレー、そしてゴリの涙。あかんあかん涙が止まらん!

2018/10/09

Y2K☮

流川を見ていたら「お前みたいな奴が戦場では真っ先に死ぬ」という北方三国志の張飛の声が聞こえてきた。とはいえチームを日本一に導くのが最高の選手と分かっているのだから、あと半歩。そういえば昔、仙道ファンのバスケ部の同級生が体育の時間に毎度パスしてきて疲れたな。もっと自分で行けよと。要は状況判断。野球でも基本的にはフライやゴロでもアウトだが三振の必要な局面もある。大事なのは仲間を頼った方がいいか自分で断固やるべきかの見極めだ。ミスはお互い様。ただ独りの力では限界があると悟るには手痛い挫折が要るのかも。次巻完結!

2019/05/18

Y2K☮

壮絶な死闘。実はまだ二回戦。この後もトーナメントは続く。それが現実。でも必ずしもリアルをそのままに描かなくたっていい。いまはいましかない。瞬間を全力で駆け抜けて終わる生き方は実際には難しいけど、だからこそ創作の中では許されていい。凝縮された時の濃さに震える。わずか数十分の試合を通じて信じ難いほどの急成長を遂げる流川と花道。北方謙三が言うところの「死域」に近いエリアへ入った三井も二年間の空白を完全に埋めた。積み重ねたものがあればいつでも人は変われる。一瞬で。この流れで次巻完結は残念だけど至高のエンディング。

2020/10/13

ソラ

流川の爆発的進化とゴリの涙…

2018/09/04

どあら

妹から借りて読了。ゴリの涙にぐっとくる(T-T) 花道のアクシデントが心配…実は私も今朝アクシデントがあって腰を打ち、あまりの痛さに涙が出た(>o<)

2018/10/08

感想・レビューをもっと見る