読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

JOJOnicle 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 クロニクル (愛蔵版コミックス)

JOJOnicle 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 クロニクル (愛蔵版コミックス)

JOJOnicle 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 クロニクル (愛蔵版コミックス)

作家
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2019-12-19
ISBN
9784087925517
amazonで購入する

JOJOnicle 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 クロニクル (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hannahhannah

『ジョジョの奇妙な冒険』の原画展についての本。作品の収録はもちろん、荒木飛呂彦や『ジョジョ』の初代編集者へのインタヴューが良かった。

2019/12/23

栄吉

★★★★★ 色遣いが好きです。インタビューも良かった。

2020/03/05

なぎ

ありがとう、本当にありがとう。大阪の時行けなくて悔しかったからとても嬉しい。金沢は絶対行く。この本片手に回ります

2019/12/27

志村真幸

 2020年に長崎県美術館、金沢21世紀美術館で開催される「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の図録。  ただ、それに留まらず、荒木さん本人や、初代担当編集者であった椛島良介さんへのインタビューもふくまれ、JOJOの世界がどのようにつくりあげられてきたのかを聞くことができる。荒木さんの話からは、異様なまなざしが伝わってきて、ちょっと怖くなるくらいだ。椛島さんからは、本当は『ジャンプ』とは相容れない才能だったなんてことまで出てきて、おもしろい。

2020/02/19

ponnnakano

荒木飛呂彦の絵が好きだ。ジョジョに嵌っていったのも、絵が気に入ったから、というのを再認識。カラーだと色の綺麗さが際立ってさらにいい。アート作品として一枚欲しい気もするが、この本を眺めることで我慢、かな。荒木飛呂彦を見出した初代編集者の椛島さんのインタビューも、お二人の信頼関係が伝わってきてとても良かった。

2020/01/01

感想・レビューをもっと見る