読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ママレード・ボーイ little 7 (マーガレットコミックス)

ママレード・ボーイ little 7 (マーガレットコミックス)

ママレード・ボーイ little 7 (マーガレットコミックス)

作家
吉住渉
出版社
集英社
発売日
2018-11-22
ISBN
9784088441283
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

立夏は、碧がまだ想ってくれていると知り動揺を隠せない。そんな立夏の様子に、いつも冷静に見えていた朔の意外な一面が表れて…!? そして、光希&遊のところには新しい家族が! 松浦家&小石川家の同居物語、ついに完結です。

ママレード・ボーイ little 7 (マーガレットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆずきゃらめる♪@古典と少女とファンタジー

祝・完結♪だけど、光希たちの時よりハラハラドキドキしなかったなぁ。今に時代になると一つ屋根も珍しくない。立夏は一緒になる人が決まってたな。碧とレナ良かったよかった。

2018/12/06

カエデ

円満。

2019/03/20

紅羽

ついに最終巻か~。本家「ママレ」より穏やかでシンプルに収まった感じです。その後が気になっていた人たちも、しっかりと描かれ、読者の手を離れてそれぞれの人生を歩み出したんですね。2年後の立夏たちが出した答えはやっぱり!…と思いました。あの両親たちの子供ですからね。再び彼らと会わせてくれて有り難うございました。

2018/11/27

雨音

光希と亜梨実さんに赤ちゃんが!!茗子と三輪さんが最終巻で出てこなかったのがちょっぴり寂しい。 最後は、オリジナルをみているようでした。 ★★★★

2018/12/04

かすみん

みんながいい感じで幸せになってて良かった。

2019/02/01

感想・レビューをもっと見る