読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おそ松さん 8 (マーガレットコミックス)

おそ松さん 8 (マーガレットコミックス)

おそ松さん 8 (マーガレットコミックス)

作家
シタラマサコ
赤塚不二夫
おそ松さん製作委員会
出版社
集英社
発売日
2019-02-25
ISBN
9784088441627
amazonで購入する Kindle版を購入する

「おそ松さん 8 (マーガレットコミックス)」の関連記事

6つ子の同級生が結婚… アニメ「おそ松さん」第3期が共感できすぎてしんどい

『おそ松さん』8巻(著:シタラマサコ、原作:赤塚不二夫、監修:おそ松さん製作委員会/集英社)

 大人気放送中のアニメ「おそ松さん」第3期。第1期・第2期の際にも個性的なエピソードで注目を集めた同作だが、第3期は「しんどいエピソード多くない?」「リアリティのある話が多い気がする」と注目を集めているようだ。

 第3期で視聴者から“しんどいエピソード”としてよくあげられるのは、第5話で放送された「帰り道」。6つ子が同級生の結婚式から徒歩で帰る様子を描いており、20歳を超えている6つ子たちの結婚に対する心境などが明かされている。  「(結婚)するんじゃない? わかんないけど」「しないのはしないでちょっと寂しい気もしない? ずっと1人で生きていくって」「結婚の前にさ、おれまず同棲が無理だと思うんだよ」といった会話を繰り広げる6つ子。彼らの会話や空気感に視聴者からは、「気持ちがわかりすぎてしんどいな」「刺さりすぎて瀕死。6つ子と同じ年くらいの私にはダメージがでかすぎる」「私と友だちの結婚式帰りの会話と一緒じゃん」といった声が続出していた。  他にも第3期では、…

2021/1/4

全文を読む

関連記事をもっと見る