読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Papa told me Cocohana ver.8 ~あの日のローズティー~ (マーガレットコミックス)

Papa told me Cocohana ver.8 ~あの日のローズティー~ (マーガレットコミックス)

Papa told me Cocohana ver.8 ~あの日のローズティー~ (マーガレットコミックス)

作家
榛野なな恵
出版社
集英社
発売日
2020-03-25
ISBN
9784088443195
amazonで購入する Kindle版を購入する

Papa told me Cocohana ver.8 ~あの日のローズティー~ (マーガレットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紅はこべ

最後の知世ちゃんとお母さんの話よかった。知世ちゃん、お母さんにもべったりな子だったんだね。「ブルーバレンタイン」の若者(少女?)の好きな人は4人の内の誰?ゆりこちゃんの部下って船岡さんじゃなかったかな。小庭ちゃん、外見は似てるけど…お父さんの元カノ、千草さんともアリサさんともタイプが違う。知世ちゃんは旅の行く先々で男の子のハートを射止める。本人無自覚なのが怖い。

2020/04/17

ぐうぐう

冒頭のエピソード「ピクニック タイム」で、お父さんと一緒に鉱物博物館を訪れた知世に館員の女性が言う。「一つの不思議に気がつくとね 今まで壁ばかりだった部屋の中に実はたくさんのドアがあったことを知るの」そのドアの存在を知世がより実感するのは、巻末のエピソード「フェアリー ドア」でのこと。ドールハウスの店員は「妖精のドア」という手作りの小さなドアを見せて「不思議なことにただの壁でも 扉があると たちまちその向こうに別の世界が広がるんですよね」と言う。(つづく)

2020/04/04

波多野七月

たとえば心が沈みこんだとき、たとえば悲しみにくれたとき。手に取りたいシリーズが、この『Papa told me』という作品だ。優しくて静かで、誰のことも傷つけないこまやかな世界は、まるで大人のための童話のようだと思う。たとえ外の世界がどんなときでも、ページをめくりさえすれば、いつだってこの物語の中はあたたかい。どうかずっとこの先も、このシリーズに続いてほしいと願わずにいられません。

2020/03/30

ゆか

心がイライラした時に読むと救われる。表紙カバーが毎巻丁寧に描かれていて凄い。

2020/04/08

感想・レビューをもっと見る