読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

美食探偵 明智五郎 7 (マーガレットコミックス)

美食探偵 明智五郎 7 (マーガレットコミックス)

美食探偵 明智五郎 7 (マーガレットコミックス)

作家
東村アキコ
出版社
集英社
発売日
2020-12-24
ISBN
9784088444277
amazonで購入する Kindle版を購入する

美食探偵 明智五郎 7 (マーガレットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

マリア軍団の解散?明智が本当はどうしたいのか?今後の展開が予想の斜め↗️を行くことを期待

2021/01/25

どあら

妹から借りて読了。この先が全く予測がつかないです。早く続きが読みたいです❢

2021/01/06

ぐうぐう

「善人と悪人の間に境はなく 僕らは同じ皿に盛られた小さな果実 僕らを分ける法というソースは パンをぬぐってしまえば あっという間に消えてしまう」パンでぬぐった境界線を超えた明智。苺を救うためという動機は、マリアと結ばれた今、言い訳に過ぎなくなってしまう。自身を正当化するためにマリアを自分の側に引き寄せようとするが、そこには矛盾が生じる。明智が愛するのは聖母マリアではなく、マグダラのマリアなのだから。「私が人を殺さなくなっても あなたは私を愛してくれるのかしら」マリアはすべてお見通し。

2021/01/30

キビ

これからどうするんだろう、何するんだろうマリアは。まあ、色々考えられない事が起きるから面白い。

2020/12/27

櫨霞

あー明智さん……どこへゆく…… 最後の晩餐が美味しかったらたしかに明日も生きたくなっちゃうね

2021/01/04

感想・レビューをもっと見る