読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モーメント 永遠の一瞬 15 (マーガレットコミックス)

モーメント 永遠の一瞬 15 (マーガレットコミックス)

モーメント 永遠の一瞬 15 (マーガレットコミックス)

作家
槇村さとる
出版社
集英社
発売日
2021-07-21
ISBN
9784088445533
amazonで購入する Kindle版を購入する

モーメント 永遠の一瞬 15 (マーガレットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くたくた

最近少しダレてる?って思ってたけど、凄く良かった!雪の成長や両親との関係、お母さんの成長、諸々。(おそらく)第一次チーム・ユキの結成。たぶんこれからあと一山、二山はあるんだろうけど、(何しろ、バンクーバー五輪のあとのソチ五輪が本番だから)とにかく、これまでの長ーい助走がいよいよ本格的に走り始めた感じ。これは、作者槇村氏になにか転機があったのかも?と勘ぐりたくなるくらいの、筆のノリ。面白かった〜!

Koning

どんどん自分を確立して行くことの凄さよ。16とか自分に置き換えたら無理。母も成長しちょる

2021/07/26

どあら

妹から借りて読了。雪とコーチのレイコの信頼関係がドンドン築けているね😉

2021/07/27

ぐうぐう

強いスポーツ選手は、心も鋼でできていると思われがちだが、もちろんそんなことはない。選手のメンタルの揺らぎは、特にアーティスティックスポーツと呼ばれる競技では顕著に現われる。勝ち続けていた選手が突然崩れる原因にもなり得る。雪はレイコというコーチを得て、精神面に安定を覚え始める。その心の安定は、自分はレイコをはじめとする多くの人達に守られているという気付きへと導き、さらに安定が増していく。自分の居場所とは、安心できる気持ちがあってこそ確信できるものだろう。(つづく)

2021/08/09

shushu

折角コーチと上手くいき始めたのに、どうもインサートされる(物語の)現在場面によるとどうもどこかで別れたようだし、しかも個人的な感情のもつれのようだ。。。何かグダグダですね。

2021/08/14

感想・レビューをもっと見る