読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北斗の拳 16 (ジャンプコミックス)

北斗の拳 16 (ジャンプコミックス)

北斗の拳 16 (ジャンプコミックス)

作家
武論尊
原哲夫
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088516769
amazonで購入する

北斗の拳 16 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むきめい(規制)

我が一生に一片の悔いなし

2016/11/01

ton

再読。「我が生涯に一片の悔いなし!」ラオウ、天に帰る。その見事な散り様の強烈な印象は、どれだけ時を経ても薄らぐ事はないだろう。涙腺崩壊。その身に溢れんばかりの愛・哀しみを抱えていたラオウ、不器用な彼の生き方に胸が詰まる思いがする。ここで幕を下ろすことを許可しなかった当時の雑誌システムが恨めしい。。。◆新章突入。成長したバットとリンは、再び荒廃した世界に抗うべく闘っていた。ケンシロウとの再会。「北斗現れるところに乱あり」この先どんな苦難が待ち受けているのだろうか。アイン登場。

2013/10/21

HIRO1970

☆☆☆

2003/08/01

たにしぃ

わが生涯に一片の悔いなし!!byラオウ リンとバットが急に成人化。

2012/05/09

第1部完。そして第2部へ。新しい部ということで新キャラが続々登場するうえに、既存のキャラも成長。なぜケンシロウは成長しないんだろう。

2009/07/23

感想・レビューをもっと見る