読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ときめきトゥナイト (9) (りぼんマスコットコミックス)

ときめきトゥナイト (9) (りぼんマスコットコミックス)

ときめきトゥナイト (9) (りぼんマスコットコミックス)

作家
池野恋
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088533377
amazonで購入する Kindle版を購入する

ときめきトゥナイト (9) (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tomo

新刊発売記念で再読祭り中。2千年前の王子ジャンが肖像画と霊で登場。カルロが王家の血をひいてる人物だと‼ランゼに惹かれるわけね(笑)ゾーン復活した‼これから長い戦いが始まるわけよ。感情的にさせるなのシーンと飛行機の中の俊の何にも考えないでここにいろとかもうたまりません(笑)ニヤニヤ&胸きゅんいっぱい\(//∇//)\

2013/08/11

uchi

魔界編、2千年前に殺された魔界の王子の謎をめぐり、さらには蘭世をめぐり、真壁くんとカルロが対立。ところで、魔界の大王が勇者の復活を歓迎するのはいいの?

2021/03/29

alias1819

通勤途中に再読。この巻の見所は 何と言っても、俊vsカルロ。1巻から読んでいる私には カルロが蘭世に対してちょっかいを出しているのを見て俊が感情的なところが なんとなく微笑ましく思う。恋ってそんなものなんですよね〜。それから、やはり2人のデジャブのシーンはロマンティックです(*^^*)

2010/12/27

ゆき

蘭世と真壁君は、二千年前も恋人同士で現在に生まれ変わってたことが発覚。自家用機の中の俊の台詞と感情的にさせるなの台詞は何度読んでもにやけてしまう。

2015/05/08

まる

2千年前に俊と蘭世は恋人だった。 今のふたりはまだ恋人ではないけど、真壁くんが少しずつでも気持ちをもらしてるぞ〜。 ここ!ってときに蘭世が真壁くんの心を読めないのがなんとももどかしい。 でも飛行機の中での「そこにいればいい」はニヤける。 お父さんとお母さんの聞こえないふりもウケたわ。 勇者の女がやっぱり悪者よね?

2015/08/20

感想・レビューをもっと見る