読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

星の瞳のシルエット (3) (りぼんマスコットコミックス)

星の瞳のシルエット (3) (りぼんマスコットコミックス)

星の瞳のシルエット (3) (りぼんマスコットコミックス)

作家
柊あおい
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088533971
amazonで購入する

星の瞳のシルエット (3) (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

T.Y.

引き続き再読。香澄と久住を後押しする司だが、この介入を巡って沙樹と対立。この頃から沙樹のシリアスな表情が増えて印象的。隣同士でベランダ越しに気軽に呼び出せる夫婦のような馴染み具合の司と沙樹の関係、他方でそこに亀裂を入れるようなそれぞれが垣間見せる想いが実にいい。もうここからはこの二人メインでいい、というか実際そうだったような印象さえ。作者も後に語っている通り、この司の動きが一つの転機だったような。本作が短期終了していたら司と沙樹は安定のサブキャラ夫婦として終わったのか……と思うとまた感慨深いものが。

2015/07/13

麻友

★★★☆☆

2020/01/17

あれち

久住くんへの気持ちを表に出さないことを決心する香澄は健気で本当にかわいい……ものの、行動を見てると普通にアプローチしてるように見えてハラハラ。

2014/10/26

月屋

再読。沙樹と司の関係が好き。この二人の気持ちもまた見ていると切ない。

2009/09/30

まー

友人に借りた

感想・レビューをもっと見る