読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねこ・ねこ・幻想曲 7 (りぼんマスコットコミックス)

ねこ・ねこ・幻想曲 7 (りぼんマスコットコミックス)

ねこ・ねこ・幻想曲 7 (りぼんマスコットコミックス)

作家
高田エミ
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088534848
amazonで購入する Kindle版を購入する

ねこ・ねこ・幻想曲 7 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

erie

とりあえずこのあたりまで。最初は日常ドタバタ系だったが、だんだん主人公が猫から人になれる能力の秘密、出生の秘密がわかってきて、だんだんとファンタジーの要素が濃くなってくる。やがて双方不思議な力を用いた、猫の世界の善の力と悪の力の戦い、という方向性になってくる。ただギャグ要素が多く、また悪役は洗脳されていただけで、(セラムン・プリキュア等)現代にも通じる90年代前後の少女漫画の系譜を感じる。

2020/06/28

まきんぼ

小さいころに姉妹で読みまくったマンガ。少しずつ成長していくんだね。

感想・レビューをもっと見る