読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

有閑倶楽部 11 (りぼんマスコットコミックス)

有閑倶楽部 11 (りぼんマスコットコミックス)

有閑倶楽部 11 (りぼんマスコットコミックス)

作家
一条ゆかり
出版社
集英社
発売日
1989-09-14
ISBN
9784088534978
amazonで購入する Kindle版を購入する

有閑倶楽部 11 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雪紫

再読。この巻は全編オカルトだけどカラーが違う。前者はいじましくて、後者は怖い。一条先生、怖いシーンの書き込み具合本当にやばいです。危機的状況でもあれは燃やしちゃダメ絶対(別のあれがみんなを守ってくれたおかげで余計そう思った)。

2021/06/06

ako

また幽霊話が2つ。真澄ちゃんは可愛かった。

2014/08/31

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《妹-蔵書》【再読】苦手なオカルト編だけど、昼間だから、今のうち読む。(笑)しかし、人の怨念って恐いね。

2015/02/19

マドリン

鬼の話、怖かった…古い祠は大事にしなきゃ。

2019/01/15

雨巫女

「あいしてごめんなさい」の巻。美童の家族登場。あの一族の男性は女たらしだ。いつか、むくいがくるって話。美童は骨折が多い。

2010/06/22

感想・レビューをもっと見る