読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

有閑倶楽部 12 (りぼんマスコットコミックス)

有閑倶楽部 12 (りぼんマスコットコミックス)

有閑倶楽部 12 (りぼんマスコットコミックス)

作家
一条ゆかり
出版社
集英社
発売日
1990-12-10
ISBN
9784088535463
amazonで購入する Kindle版を購入する

有閑倶楽部 12 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ako

万作は初恋の人、タリスカ王国の王妃から独立運動資金を援助を頼まれた。しかし妻が怖くてお金を出せない。そこで有閑倶楽部の面々がまたもや誘拐事件をでっち上げ、身代金を手に入れようという計画。本編よりも短編の「淋しい大人たち」の方か印象に残ります。専業主婦の母、浮気した(?)父、浮気相手と仲良くなる娘。娘の言葉は母をどれだけ傷つけたか…行き着くとこまで行ったからかまた元の生活に戻る家族。

2014/08/31

マドリン

マオタイVS剣菱婦人、迫力ある~ 百合子さんにはまだまだ活躍を期待しています。

2019/01/16

雨巫女

悠理の母は、強し。相変らずです。

2010/06/15

anne@灯れ松明の火

日帰り温泉で、1~12一気読み。最初の方は、多分再読。やっぱりおもしろいわ!

2011/08/15

どあら

ピキシー族の娘 ティコ 、味のある顔に加えて強いし、妻の鏡だわ❢❢

2013/11/24

感想・レビューをもっと見る