読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ママレード・ボーイ 2 (りぼんマスコットコミックス)

ママレード・ボーイ 2 (りぼんマスコットコミックス)

ママレード・ボーイ 2 (りぼんマスコットコミックス)

作家
吉住渉
出版社
集英社
発売日
1993-06-15
ISBN
9784088536682
amazonで購入する Kindle版を購入する

ママレード・ボーイ 2 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

しかし登場人物みんな誰かと付き合ってるという驚き

2013/11/09

皐月

昔フラれたと思っていた銀太から「ずっと好きだった」と告白された光希!だけど遊のことも気になり始めていて…。美少女登場の亜梨実ちゃん登場。メイコと名村先生の付き合っていたことに小学生当時は衝撃的だった。銀太の壁ドン。

2017/10/05

いーた

銀太の告白からの続き。光希は惹かれ始めてる遊と銀太の間揺れる。遊の元カノ亜梨実が光希に揺さぶりをかける為に、銀太といい雰囲気を演出。と恋愛面はそんな感じ。今回のメインはテニスのダブルス。遊・銀太ペアVS(ある意味名物男)六反田務・モブ。負けた方が丸坊主。務は遊を亜梨実の件でライバル視してるし、銀太とは従兄弟。そんな訳でアツイ試合でした。今でこそ、錦織圭でテニスも盛り上がっているけど、当時は松岡修造が現役だったけど、まだまだマイナーなスポーツだったのでルールは巻末の解説で覚えました(苦笑)

2015/03/22

あーさん★久しぶりに外食ですよ(ㆁωㆁ*)

2018年映画化の為。再読。

2018/01/05

活字の旅遊人

この巻は、テニスの試合が多くを占める。坊主をかけて試合するなんて、若いなー。そして特定の女子が観戦しているかどうかで(いや、その前の出来事があるからだけど)、調子が変わるのはマンガだけど実際も結構あるよな、と妙に納得する。著者はテニス部だよな。巻末のテニス解説は、分かっているけど、分かりやすい(笑)。亜梨実は策士だねえ。

2021/05/02

感想・レビューをもっと見る