読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ママレード・ボーイ 3 (りぼんマスコットコミックス)

ママレード・ボーイ 3 (りぼんマスコットコミックス)

ママレード・ボーイ 3 (りぼんマスコットコミックス)

作家
吉住渉
出版社
集英社
発売日
1993-10-15
ISBN
9784088536927
amazonで購入する Kindle版を購入する

ママレード・ボーイ 3 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ついに先生と生徒の関係がバレてやめたり、携帯電話がなくコードレス電話を使ってる場面が時代を感じさせるなぁ。今ならバレてもなぁなぁで済ませたり、電話もスマホだなと何故か時代考証をしてましたw

2013/11/09

皐月

遊の元カノ・亜梨実と銀太の「付き合っているフリ」に騙され、やきもちを焼く光希。親友の茗子が担任教師の名村と付き合っていることがバレて、名村は学校を辞めることに。生徒会長の存在、全く記憶にないんだけど…

2017/10/05

いーた

両親ズが冬休みに新婚旅行に行って、光希と遊が2人で過ごす展開から、銀太と亜梨実、務がクリスマスに押しかけてくる話。茗子となっちゃんの生徒と教師の恋愛が発覚して騒動が起きる話。の二本立て。ラストに三輪さんが登場。次巻から光希と遊の関係は加速することになる。銀太どんまい。ところで女生徒×教師とかちょっと興奮。もし自分が教師になってたら間違い起こすかも(苦笑)と思ったり。茗子は美人ですから。茗子となっちゃんはここで一度別れるんだけどね。ちなみに続編では茗子となっちゃんの息子が出てきます。

2015/03/22

活字の旅遊人

今度は茗子となっちゃんの禁断の恋。そして茗子と光希の友情物語。りぼんの読者層だと、このあたりワクワクなのかな。そして銀太が憎めないよな。男子的には遊はちょっと好かんね。この変な2組の家族は、良いアクセントになっているな。さらに生徒会長・三輪?次も気になるではないですか。前から思っていましたが、この高校の図書館は、著者の出身大学の図書館をイメージしてますよねー。

2021/05/02

あーさん★最近睡眠時間が3時間ですよ(¯―¯٥)

2018年映画化の為。再読。

2018/01/05

感想・レビューをもっと見る