読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ママレード・ボーイ 7 (りぼんマスコットコミックス)

ママレード・ボーイ 7 (りぼんマスコットコミックス)

ママレード・ボーイ 7 (りぼんマスコットコミックス)

作家
吉住渉
出版社
集英社
発売日
1995-08-08
ISBN
9784088538099
amazonで購入する Kindle版を購入する

ママレード・ボーイ 7 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

事態が急変化して、いよいよクライマックス楽しみだ。

2013/11/10

皐月

茗子は元恋人・名村と再会し復縁。銀太と亜梨実はすっかり恋人同士に。もちろん、仲直りした光希と遊は超ラブラブ絶頂に最後の障害がただはだかる。異母兄弟設定っていつの時代も少女マンガにある展開だね。思い込みで暴走した遊は光希に別れを告げ、京都の大学へ

2017/10/07

いーた

茗子となっちゃんは一気に結婚まで話が進んで良かったですね。問題は光希と遊。遊の父親問題がこの巻で大波乱。ひょんな事から遊は両親ズの大学時代の写真を発見してしまう。そこには『今』の組み合わせの両親ズが写っており、遊の実の父親は光希の父親だと判明してしまう。兄妹で愛し合う訳にはいかず遊は気持ちを押し殺して光希との別れを選択し、京都の大学に進学する。昔も今も、この二人を思うと切なくて切なくて。結末を知らなかった当時は両親ズを軽蔑し、こんなんだったら俺が光希を笑顔にしてやる!って思ったことを思い出しました。

2015/03/23

あーさん★転スラ、ヴェルドラ復活で興奮中(ㆁωㆁ*)

2018年映画化の為。再読。って今更?(; ̄Д ̄)?

2018/01/05

みやび

名村先生に会いに行った茗子と光希。初めは受け入れない先生だけど、先生のそばで小説を書き続けたいという茗子の言葉で二人は元に戻る。で、茗子が高校を卒業したら結婚する事に。遊はたまたま昔の両親ズの写真を見つけ、自分の父親が光希の父親ではないかと疑う。両親ズには確認をせず、地のつながった兄妹になる光希に別れを告げ、京都の大学に行ってしまう。光希は心機一転、髪を切ってピアスを開け、新しい自分になろうとする。

2013/08/19

感想・レビューをもっと見る