読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちびまる子ちゃん 14 (りぼんマスコットコミックス)

ちびまる子ちゃん 14 (りぼんマスコットコミックス)

ちびまる子ちゃん 14 (りぼんマスコットコミックス)

作家
さくらももこ
出版社
集英社
発売日
1996-12-09
ISBN
9784088538914
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ちびまる子ちゃん 14 (りぼんマスコットコミックス)」の関連記事

「友蔵とまる子が害虫扱いされててワロタ」ナレーションの辛辣なひと言に視聴者大爆笑!/アニメ「ちびまる子ちゃん」

『ちびまる子ちゃん』17巻(さくらももこ/集英社)

 2020年7月19日(日)のアニメ「ちびまる子ちゃん」では、2本目のエピソードとして「我が家に白アリが!」の巻を放送。物語の締めに放たれたナレーションのひと言に対し、「友蔵とまる子が害虫扱いされててワロタ」などの反響が寄せられている。

 ある日、洗面所の壁にシロアリが発生したさくら家。早速業者に見てもらったところ、このままだと近いうちに壁が崩れてしまうらしい。思わずショックを受けるまる子に加え、酷く怯える友蔵。業者にすがりつき、「あなたのためならなんでもします」「どうかこの壁を直してください!!」と泣きながら懇願するのだった。  何とか修理も終わり、これにて一見落着。最後に業者から“壁は塗りたてだから触らないように”と注意が入るが、案の定友蔵がうっかり触ってしまう。何とか修復を試みようとするものの、かえって事態は悪化。壁が指の跡でボコボコになったところで、結局「知らん振りしておこう」となった。  その晩ボコボコになった壁を見て、「まだシロアリがいるんじゃねぇのか?」と疑うひろしたち。するとここで…

2020/7/25

全文を読む

「これはひろしも泣くわ」アニメ「ちびまる子ちゃん」、お土産よりも父の心配をするまる子がいい子すぎる…

『ちびまる子ちゃん』17巻(さくらももこ/集英社)

 2020年7月5日(日)のアニメ「ちびまる子ちゃん」では、2本目のエピソードとして「お父さん、北海道へ行く」の巻を放送。ひろしを出迎えるまる子の言葉に対し、視聴者から「今日のまる子、めちゃくちゃいい子」「これはひろしも泣くわ」といった反響が寄せられている。  ある日、町内の北海道旅行に出かけたひろし。最初のうちはひろしの帰りよりもお土産を楽しみにしていたまる子だったが、さすがに1週間もいないと寂しさを感じるように。旅行から帰る前日には、「どうかお父さんが元気に帰ってきますように…」と祈りながらひろしの帰りを心待ちにしていた。  そして迎えた翌日。ひろしが帰ってくるなり、まる子は「おかえりぃ~!!」と嬉しそうに走り寄ってくる。てっきりお土産目当てかと思いきや、まる子から発せられたのは意外な言葉。ひろしに「お土産待ってたか?」と聞かれると、「お父さんを待ってたんだよ」「無事で帰ってきてくれて良かったぁ」と返すのだった。  これにはひろしも思わず感激。「あの土産好きのまる子が、俺が無事で帰ってきたこ…

2020/7/11

全文を読む

関連記事をもっと見る

ちびまる子ちゃん 14 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ほんのうさぎ

大人になってちびまる子ちゃんの漫画を読むとは思わなかった。昔はそんなに面白いと思わなかったが、いま読むとじわじわと面白い。腹立つだけのヒロシの言動も笑えてしまう。

2018/02/07

絵具巻

文京区立根津図書館で借りました。

2018/01/17

あひる

納豆って本当に不思議な食べ物だよね。好きだけど。

2014/04/07

ゆうぴょん

小2娘。同じく母のお古。 本当に血は争えないと思うぐらいハマり読み。 とはいえ、初期と思うとありえないキャラが増えすぎているなぁと今更思ってしまう。

2020/02/16

のんちゃん

1996年12月14日

2002/01/31

感想・レビューをもっと見る