読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こどものおもちゃ 9 (りぼんマスコットコミックス)

こどものおもちゃ 9 (りぼんマスコットコミックス)

こどものおもちゃ 9 (りぼんマスコットコミックス)

作家
小花美穂
出版社
集英社
発売日
1998-08-07
ISBN
9784088560946
amazonで購入する Kindle版を購入する

こどものおもちゃ 9 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

ついに紗南ちゃんに春が来た。ラブラブなクリスマスも過ごしてしまう紗南ちゃんと葉山。幸せな二人の時間をぶち壊すお約束の試練が到来。羽山が父の転勤でロスに行くことに。そのショックから、紗南ちゃんは「人形病」が再発して、笑顔が消えてしまっ。紗南ちゃんどうなるの?

2017/05/03

ホレイシア

この巻からかな、紗南が心を病んでいく。その原因も、解決の仕方も見事というほかない。

2008/01/04

ユミリ

再読。あーまた辛い巻だよ。作者もコメントで言ってるけど、浮き沈みが激しい!もうっ!この巻で終わりにしようって何回も思うのに結局止められないパターンじゃないか!笑。紗南ちゃんの人形病、再発。直純くんと紗南ちゃんの深い関係を知ってしまった巻。羽山を想うと切ないなぁ…。

2014/07/10

呉藍

シリアスが苦手な人にはアレなんだろうけど、小花さんの真髄はここからだなって思う。この一筋縄ではいかない人間の心理。想えば想うほどに深みにはまって、いつしか身動きが取れなくなる。もちろん沙南も羽山も気の毒なんだけど、一番はやっぱり直純くん。ちょっとした嫌がらせ発言さえもかわいいです。ほんとにどこまでも報われない奴だ。

2010/05/17

幸音

友達の漫画。両想いになってから紗南の色ボケやイチャイチャ(でこチューが最高w)にニヤニヤした前半に対して…後半のシリアス。羽山のロス行きにショックを受けて、笑顔がなくなった紗南。無表情で笑うとあんなに不気味で怖いものだとは思わなかった…。

2011/12/13

感想・レビューをもっと見る