読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神風怪盗ジャンヌ 4 (りぼんマスコットコミックス)

神風怪盗ジャンヌ 4 (りぼんマスコットコミックス)

神風怪盗ジャンヌ 4 (りぼんマスコットコミックス)

作家
種村有菜
出版社
集英社
発売日
1999-09-14
ISBN
9784088561639
amazonで購入する Kindle版を購入する

神風怪盗ジャンヌ 4 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

全くんの死が悲しいです。心臓に持病があって5年も入院しているという全くん。そんな彼の命を繋いでいるのはまさかの悪魔の力だった。全君が死んでしまって、後悔ばかりのマロン…。新任教師の紫界堂にジャンヌの正体を見られてしまったまろんピンチ。聖先生の正体は、ノインで元々は人間だった。ジャンヌ・ダルクとは恋人同士だったらしい。ノインとのシーンは当時よくわからないけど、今思えばノイン破廉恥だよな。

2019/04/28

扉のこちら側

再読。2014年885冊め。ダークな雰囲気に。

2014/10/18

扉のこちら側

再読。2015年184冊め。本棚整理。

2015/03/02

イネ子

再読。

2015/07/10

あおいたくと@灯れ松明の火

再読中。昔は全のことがよほどショックだったのか、そこだけ連載読み逃してたのか分からないんだけど、終盤のノイン待てー!な前の何話か記憶が抜けつつコミックス読み返してたりしてた。当時の自分には、ノイン非常に刺激が強すぎたようなw

2013/12/31

感想・レビューをもっと見る