読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

水の館 (りぼんマスコットコミックス)

水の館 (りぼんマスコットコミックス)

水の館 (りぼんマスコットコミックス)

作家
小花美穂
出版社
集英社
発売日
1999-10-15
ISBN
9784088561684
amazonで購入する Kindle版を購入する

水の館 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

🐷 こ ぶ 🐖

再読。あの2人は…愛してるからつれていくの…。………あんたは……愛してるから…つれていかない。この台詞が真子の全てを物語っていた。なのに…。

2015/02/20

*蜜柑*

『こどものおもちゃ』の作中で紗南と直澄が主演した映画の単行本化。クローズドサークルの幻想ホラー。小学生の頃、他の少女漫画とは一線を画する仄暗い狂気に衝撃をうけた。当時ラストをどう捉えるべきか頭を悩ませたが、この年になって再読しても掴みきれない。読者を永遠にクローズドサークルに閉じ込めてしまうお話。消えた湖のほとりの別荘、水の夢、ハーブ。魅力的なキーワード達。水の匂いと音が頭に染みついて離れない。同時収録されている短編にもかなりの衝撃をうけた。少女漫画の域を越えた一冊。しとしと降る雨の日に読み返したくなる。

2012/09/23

幸音

『こどものおもちゃ』の作中に出てきた紗南と直澄と麻子の出演映画。予想以上に怖かった!真子の感情が残酷なまでに純粋ゆえに恐ろしい。演技だと思っても人が狂っていく過程は読んでいて苦しい。結局浩人はハーブのせいで死んだの?ループ?真子が浩人に「愛しているから連れていかない」って言ったのは嘘?非常に解釈に困る作品でした。

2011/12/17

呉藍

水辺に建つ古い館、一面に咲く花々、永遠の少女、ゆらめく炎。映像化したらきっと綺麗だろうなぁ、と思う。作中作というけれど、これはこれで一つの作品だ。

2010/04/01

Riyo

最近こどちゃ続編を読んだため再読。今更ながらこの内容りぼんコミックで大丈夫なのかと思います。当時読後になんともいえない切なさと恐怖感を抱いたけどいま読んでもそう感じるのがすごいなー。絵が綺麗すぎるから余計にそう感じるんだろうな。

2011/03/10

感想・レビューをもっと見る