読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神風怪盗ジャンヌ 6 (りぼんマスコットコミックス)

神風怪盗ジャンヌ 6 (りぼんマスコットコミックス)

神風怪盗ジャンヌ 6 (りぼんマスコットコミックス)

作家
種村有菜
出版社
集英社
発売日
2000-06-15
ISBN
9784088562117
amazonで購入する Kindle版を購入する

神風怪盗ジャンヌ 6 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

タイムスリップした先でジャンヌ・ダルクに出会うまろんとノイン。彼女にすべての力を託されたまろん、新生・怪盗ジャンヌに変身。「その人の心が気高きままなら永遠に純潔よ!」ノインも辛い過去を持っていたんだね。アクセスも準天使に昇格。都は最初からまろんがジャンヌってことに気づいたことにびっくりしました。稚空の消滅、相模に殺されたのだと思われていた準天使セルシアとトキとの再会。次巻で完結です。

2019/04/30

扉のこちら側

再読。2015年186冊め。本棚整理。

2015/03/02

みーこ@ただのねこ(春毛)

とある事情で寄った歯科クリニックの待合室に置いてあったので、あるだけ一気読み。昔、この漫画家さんの作品にはまったいた時期があって、この作品も好きだったなあとしみじみ。

2014/09/17

イネ子

再読。

2015/07/10

入江

フィンの告白良いなあ。都もいい子だなあ全部知ってたってのは若干無理がある気がしないでもないけど。ノインお前はそれでいいのか。

感想・レビューをもっと見る