読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パートナー (3) (りぼんマスコットコミックス (1244))

パートナー (3) (りぼんマスコットコミックス (1244))

パートナー (3) (りぼんマスコットコミックス (1244))

作家
小花美穂
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088562445
amazonで購入する Kindle版を購入する

パートナー (3) (りぼんマスコットコミックス (1244)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どあら

最終巻も一気読み!!苗ちゃん、武のためによく頑張ったよ(*´ー`*)

2015/10/27

Nao*

完結。こんな壮大なテーマの話を三冊にまとめるってすごいな。武と苗の強さが、読み手としては希望でもあり切なくもあった…。後半にやっと協力者が現れて好転の兆しが見えたけど、最後までハラハラしっぱなし。明らかにされる事実がいちいち狂気じみてて怖かったけど、LSPになった萌と賢が最後に一瞬、戻ってきたとこは泣きそうに…。終始不穏な雰囲気の作品だったけど最後には前向きに終わって良かった。

2013/10/15

いちこ@文庫派

『水の館』でこれりぼんに掲載して大丈夫?とか思ってたのにもっと上を行くのがあったー!双子と双子のカップルとか設定段階で既にソワソワ。ラストもちゃんとすっきりキレイに話が終わってて良かった~子どもの頃読んでたらトラウマになりそうな話だなぁ…強いヒロインが好きだ!

2013/07/02

ちょこもか

〇名作すぎて泣けた…。正直パートナーが終わった後のリボンは私には急に面白くなくなってしまった印象すらある。そんなリアルタイムを思い出す第3巻。 〇必死に生きつづけようと努力し続ける主人公たちの姿には本当に涙しました。特に1ラボで立ち続ける苗の姿は…本当に美しく強い。小花先生の描く人の強さ・弱さ、そしてそれらすべてを包む愛情には心打たれます。名作です。

2012/09/22

りり

遂に武が博士と対峙。そして真実が次々明らかになって エンディングへ向かう疾走感が良かった。博士の過去も衝撃的だったけど 個人的にはキャリーの過去のほうがびっくりした。ネックレスのシーンでモエでなく萌が戻って来たところではぐっと来たなあ。

2013/04/07

感想・レビューをもっと見る