読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランダム・ウォーク (3) (りぼんマスコットコミックス (1327))

ランダム・ウォーク (3) (りぼんマスコットコミックス (1327))

ランダム・ウォーク (3) (りぼんマスコットコミックス (1327))

作家
吉住渉
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088563275
amazonで購入する Kindle版を購入する

ランダム・ウォーク (3) (りぼんマスコットコミックス (1327)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

0kaeri

義理兄の気持ちが純粋で良いです♪1から最終巻まで読んでみてろくでもない人を好きになる主人公って嫌だったけど、この作品は嫌いじゃない、絵柄がカワイイから?

2014/05/12

tomo(chi)

いや~吉住さんの設定ってホント変わってるなあ。これもある意味画期的。主人公の気持ちが一定せずにぶれまくり(笑)。そういえば生い立ちの設定も特殊だったな。キュンとするでもなく、何か得るところがあるでもなく、さらーっと読んで終わった作品。でも、育った環境で恋愛へのスタンスがある程度固まったりすることはあるのかもねえって思った。あとやっぱり、中学~高校生くらいの時の恋愛ってこれくらい不確かだったかもなあと。まだいろいろと確立されてない感じが。それにしても「りぼん」でこのうろちょろっぷりはスゴイな。いいの?(笑)

2010/10/11

ちるち

これほんとに吉住先生が描いたの…?吉住先生が描きたくて描いた話なの…?なにが描きたかったか全然わからない。最終巻まで読んだけど下手な素人の携帯小説みたい。主人公がとにかく気持ち悪い。

2010/10/01

瑠華

恋多き女の子、新鮮で私は好きでした。まさかの展開でビックリだけど。久々にこの作品読めてよかった!

2012/03/02

IRORI

昔も今も変わらずお兄ちゃんが好きです。私の義兄弟モノ好きも酔っ払い襲い攻め好きもいじらし系片思い好きもこのにーちゃんがルーツな気がしてきた……

2014/01/19

感想・レビューをもっと見る