読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンダンテ (3) (りぼんマスコットコミックス (1394))

アンダンテ (3) (りぼんマスコットコミックス (1394))

アンダンテ (3) (りぼんマスコットコミックス (1394))

作家
小花美穂
出版社
集英社
発売日
2002-08-06
ISBN
9784088563947
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンダンテ (3) (りぼんマスコットコミックス (1394)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おれんじぺこ♪

そういう終わり方なのかぁ。メルちゃんが、向こうに帰ってもしや…と思いましたが、いい方向での終わりにちょっとひと安心。めいも大人なになってよかった

2013/08/16

まぁぼ

音楽と人間ドラマの融合。 メルと兄が天才すぎ(笑) 主人公が自分の嫌な部分と向き合うのがえらい。素直さ、見習いたいです。 主な登場人物に悪役がいないのに、みんなどこか人間くさい感じが好き。 あと、シュウ君のような、小花先生の描く羽山系男子が好き。

2013/06/10

みきのの

死にラストじゃなくてよかった。とりあえずCD出てるうちは生きてるのね。恋愛方面はこれからだけどよい方向に行きそう

2018/03/08

ちゃこ(漫画用)

ラストはよかった。でも切ない。昔大好きだったけど、今読んでもやっぱりおもしろい~めいちゃんの動作がかわいくて好き。メルの変な日本語もね。

2012/12/01

まりぃ

再読3巻で完結のせいか、展開早かったです。もうちょっとゆっくり読みたかったなぁ。読むと音楽がやりたくなる!

2012/11/25

感想・レビューをもっと見る