読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

満月をさがして 3 (りぼんマスコットコミックス)

満月をさがして 3 (りぼんマスコットコミックス)

満月をさがして 3 (りぼんマスコットコミックス)

作家
種村有菜
出版社
集英社
発売日
2003-03-14
ISBN
9784088564456
amazonで購入する Kindle版を購入する

満月をさがして 3 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

重いのどの病気にかかっていた満月だが、死神のおかげで歌手に。そこへプロデューサーとして満月の主治医・若王子先生が現われて…。若王子先生と死神のタクトの過去に意外な接点が明らかに。タクトは生前、満月と出会っていた!?あと、今まで、名前と過去の回想でしか登場しなかった英知の行方が、ついに判明。もうこの巻は特に切なすぎます。生前の「托人」は歌が命よりも大切で、その歌を失ったために死んだ。死神になった後も、そのことをずっと後悔し続けている。

2019/05/04

扉のこちら側

2018年44冊め。これだけ主人公とのカップリングを推されている英知の真実。思えば不自然に連絡がないのもそうだったのか。作中大人キャラの不倫シーンが出てきて、おもわず奥付を確認してしまった。これがりぼんで連載されていたのか。時代だなあ。

2018/02/13

あすか

この展開は知ってたのに、解かってたのに…また泣いてしまった。

2011/01/15

ゆみまき

少女漫画にしては展開が暗いなあ、と。まさかの展開に吃驚です。英知くんからの連絡がないのはそういう意味だったのか……。巻末の番外編が英知くん視点の話だったため、更に心にダメージが……!!

2013/10/05

呉藍

若王子先生の過去。どれだけ伏線になってるんだ、と頭を抱えたい気分。この調子で幸せな未来とか想像できない!

2010/04/29

感想・レビューをもっと見る