読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

星の速さで駆けてく (りぼんマスコットコミックス クッキー)

星の速さで駆けてく (りぼんマスコットコミックス クッキー)

星の速さで駆けてく (りぼんマスコットコミックス クッキー)

作家
谷川史子
出版社
集英社
発売日
2004-05-14
ISBN
9784088565408
amazonで購入する Kindle版を購入する

星の速さで駆けてく (りぼんマスコットコミックス クッキー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

このん

幼馴染みの3人。志伸、寛ちゃん、久ちゃん。志伸は久ちゃんが好きだった。でも、久ちゃんは事故で死んでしまう。その大切な日に志伸はインフルエンザで意識がなく、久ちゃんのお葬式は済んでしまってた。その後、寛ちゃんに告白され、お付き合いし一緒に獣医の大学に行く予定だった。でも久ちゃんの双子の兄弟に会い、本当の自分のやりたい事をする為に寛ちゃんと別れる。寛ちゃんが可哀想でちょっと泣けた。どのお話も幼馴染みを好きになるけど報われないお話。泣けた。(3240)

2013/04/07

Wisteria

『星の速さで駆けてく』、モヤモヤと切なさで結局ちょっと泣けた。なんか思春期特有の天邪鬼に思えちゃう。もし死んだのが寛ちゃんだったら、志伸は全く同じ事を久ちゃんに言いそう。手の届かない方に惹かれる気持ちがあるように見えた。寛ちゃん、いい奴だよ。『ココアブレイク』は好き。萩子さん最高。幸せになって!しかし新太の彼女大丈夫かな?誤解とは言えあんなの誕生日に聞かされたら穏やかじゃないだろうに…。

2016/06/26

果物牛乳2号機

星の隠れ家がショートですが、心にスパーンときて好きでした。

2014/06/21

珂音

この絵、このストーリー、好きだ~~~~♪

2010/10/14

まめむめも

はわ~…切ない。切ないのに、あったかい。素敵なお話でした。恋だけじゃなくて、生き方とかそういう。そして告白物語との落差がまた良いんだよね。

2015/05/18

感想・レビューをもっと見る