読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キン肉マン2世 19 (プレイボーイコミックス)

キン肉マン2世 19 (プレイボーイコミックス)

キン肉マン2世 19 (プレイボーイコミックス)

作家
ゆでたまご
出版社
集英社
発売日
2002-09-19
ISBN
9784088573977
amazonで購入する Kindle版を購入する

キン肉マン2世 19 (プレイボーイコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まふ

やっぱり、パシャンゴの教え方がそもそもあんま良くなかったんじゃないかと思えちゃうんだよなぁ…でも、それ以上に、やっぱり彼は「親の期待に応えたかった」から正義超人(最後までリングに立っていられる強さ)を目指したのであって、親から悪行超人道を示されればそちらに行きたい人なんだよな、すごく親孝行。イリューは出てくるたんびにぼろぼろになるから、もっと自分を大事にして、と言いたくなってしまう…。そしてクロエはぱんつをはいてください。

2016/05/09

ゲゲボmnj(漫画)

ヒカルドを残虐行為に及ぶまで追い詰めたのは、生まれを根拠に悪だと決めつけ排除しようとした正義超人の側じゃないか。

2014/11/02

ごま猫

ケビンの試合はいつだってワクワクが止まらない。/ケビンのサムズアップ→クロエ立ち直り→ロシアの威信…で再びクロエぐら付く、という流れの所為か、「手をゆるめれば敗北につながる~」というクロエのセリフが自分自身に言い聞かせているようにも見えた。

2012/06/25

トリコ

イリューヒンは「OLAPの最初の犠牲者」というイメージしかなかったけど、順逆自在の術じみた技(原理まったく不明)でビッグベンエッジを返したのは何気にスゴイと思う

2006/04/09

感想・レビューをもっと見る